« 「お客様」は「神様」か? | トップページ | 健康保険の負担引き上げは弱者イジメか強者イジメか? »

2005年11月27日 (日)

国民年金の保険料は「掛け金」ではないことをなぜ誰も言わないのか?

国民年金の問題がよく取り沙汰される。
その中で,「払ったお金が返ってくる」といった考え方を基本に議論されることが多い。
国民年金の「保険料」を「掛け金」と考えている人が多いようだ。

社会保険庁の年金説明サイトなどを見ても分かるが,国民年金は,基本的に自分の将来のために保険料を払うのではない。現在の高齢者のために保険料を払い,その貢献度合いが将来自分が若年層の払った保険料を受け取る際に考慮されるものである。国民年金基金とは異なる。

すべての国民がこの視点を持たないと,議論がかみ合わないのは当然である。
国民年金の問題が取り上げられるようになった当初,およそ15年ほど前だったように思うが,その頃は上の内容は広報されていた。しかし,すぐにそのような広報はあまりされなくなったと思う。

「払った金が戻ってくるのではない」という説明では国民が納得しそうになく,未納者も益々増加しそうであるから上の内容はあまり表立って広報されないのではないか。しかし,それでは詐欺に近い。
国民年金の保険料は高齢者を援助する若年層の義務として支払うものである。自分が後から返してもらうために支払うのではない。その説明をきちんと行わないせいで未納者が増えるのであれば,真面目に納めている国民には甚だ迷惑である。
国は,説明すべきことは明確に説明した上で,日本独立共和党さんの「全員加入を前提とする国民年金を廃止する」というような意見も踏まえて真摯に議論を行うべきだと思うのだが,どうだろうか。

|

« 「お客様」は「神様」か? | トップページ | 健康保険の負担引き上げは弱者イジメか強者イジメか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/7334393

この記事へのトラックバック一覧です: 国民年金の保険料は「掛け金」ではないことをなぜ誰も言わないのか?:

« 「お客様」は「神様」か? | トップページ | 健康保険の負担引き上げは弱者イジメか強者イジメか? »