« 「タテマエ」は悪いことか? | トップページ | 「交通戦争」は激化していないか? »

2005年11月20日 (日)

公務員制度は改善されているのか?

人事院勧告を見ると,全体に給料を下げた上で,地域によってなんと3~18%もの幅で手当をつけ,霞ヶ関勤務者にはさらに手当を上乗せし,さらに遠距離異動した者には3年間手当をつけるという。
要するに,キャリア組だけは高給を保障し,一時的に地方に異動しても給料が下がらないようにし,ずっと地方にいる公務員はとことん下げるとのことである。
これで,表向きは「公務員の給料を下げました。民間給与の高い都市部と低い地方の差も考慮しました。」ということにするらしい。
果たしてこれは一般国民の望む改革なのか?
レッツら さんのブログにも書かれているような場当たり的で,なおかつ特権階級は守るだけのものではないのか。

例えば,マンションの設計書類が偽造されていた事件(この事件については,mew-run7 さんのブログに興味深い記事がある)で,被害者は行政にも責任を求めることを検討しているという。高い買い物であるマンション購入に当たり,購入者自身が十分な調査をして問題を見抜くことができなかった責任はあまり問われない。このように,日本人は基本的に「お上任せ」の体質ではないだろうか。
それが悪いとは思わない。面倒なことは「お上」に任せて,国民は自分の仕事や生活に集中できる社会は,住みよい社会の一パターンだと思う。
ならば,溜まった公務員の膿を出すための改革は必要であろうが,闇雲に公務員,特に末端の公務員をいじめても社会は良くならないとおもうのだが,どうだろうか?

|

« 「タテマエ」は悪いことか? | トップページ | 「交通戦争」は激化していないか? »

コメント

TB&本文で取り上げてくださって、有難うございます。

この件は本当に難しいと思います。
悪いのは、どう見ても偽造した設計士&それに関わったかも
知れない建設業者or建築主の業者なのです。

ただ、住民に落ち度があったのか、と問われれば、それも疑問です。
住民には、どのように建物の安全性を調べる方法があったのでしょう?
一般には、建築確認や検査を通った建物は安全だろうと
思ったとしても不思議はありません。

そして国、地方公共団体は、この件についてどこまで
責任があるのか・・・それも難しいところです。
本来なら地公体が行なっていた仕事を民間に委託してしまった
結果の事件ではありますが。直接、法的な責任は問いにくいでしょうし。
かと言って、全く関係がないとも言いきれないですし。
今後の対応に注目しています。

投稿: mew-run7 | 2005年11月21日 (月) 04時17分

mew-run7 さん:
私の書き方にちょっと誤解を招く表現があったように思います。
私は住民の方々を責めるつもりはありません。これだけ複雑な社会で,個人々々が自己責任で行えることは限られています。それなのに,闇雲に「小さな政府」を指向しながら何かあったら行政を責める風潮に疑問を感じているのです。
自己責任の範囲を拡大する「小さな政府」論を推すのなら,住民の責任も問わなければ矛盾すると思うのです。

投稿: WontBeLong | 2005年11月21日 (月) 23時20分

自分のブログにも書いたのですが、たぶん国民の多くは
「小さな政府」が何を意味するのか、何でも民営化することが
どういう弊害をもたらすかわかっていないように思います。
(なのに票を入れちゃうというのが困りものなのですが。^^;)

私は日本人には、中くらいの政府が合っているように思っています。

投稿: mew-run7 | 2005年11月22日 (火) 00時14分

本文で取り上げていただき、ありがとうございます。

この意見、本当にそう思います。
果たしてこれは一般国民の望む改革なのか?

その通りです。
こんな考え方、できるほうが不思議にさえ思います。

投稿: レッツら | 2005年11月23日 (水) 12時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/7231797

この記事へのトラックバック一覧です: 公務員制度は改善されているのか?:

» 設計書類偽造問題・・・何でも「官から民へ」にするのはアブナイ! [日本がアブナイ!]
 多数のビルの建築確認申請に関して、設計事務所が書類(構造計算書)を偽造していた 件が発覚し、大きな問題になっている。  震度5程度でも崩壊するおそれのあるビルがあるようで、まさに人命や財産を左右する ような問題である。  もちろん最も悪いのは、偽造した設計士であり、それを依頼または容認した業者である ことは言うまでもない。(これもやたらコストダウン&利益を優先する傾向が影響して いるかも知れないとも思う。)  だが、もう一つ問題視されているのが、民間の検査機関がチェックできなか... [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 22時18分

» 「義務教育費国庫負担法」堅持の闘い!その2 [世相春秋]
先日の記事に書いた通り「義務教育費国庫負担法」堅持に向けて、去る10月29日(土) に決起集会を開き、街頭をデモした記事を紹介します。 前述の通り、小泉自民党は、これからの社会を生きる子どもたちの未来を「切り捨 てる」という暴挙に出ています。確かに労働組合活動はかつてのパワーはありませ んが、決起集会に参加して「まだ、まだやれる。出来ることからやって、皆で連携し、 それを市民に訴えることが出来る」という「勇気」と「元気」をもらいました。 ネットで政治論を主張しつつ、行動する機会が... [続きを読む]

受信: 2005年11月21日 (月) 19時39分

» 国家公務員の給与法改正案成立ですか。 [小泉内閣の支持率が一桁台になるまで]
大都市と地方での賃金格差が大きい民間企業にならって、今の給与を平均で4.8%引き下げたうえで、3%から18%の「地域手当」を創設するそうです。このニュース、先月末に裁判官報酬でもありましたね。最高裁は28日、裁判官会議を開き、人事院勧告に基... [続きを読む]

受信: 2005年11月23日 (水) 12時23分

« 「タテマエ」は悪いことか? | トップページ | 「交通戦争」は激化していないか? »