« 「皇室典範に関する有識者会議」のメンバーは本当に「有識者」なのか? | トップページ | 「タテマエ」は悪いことか? »

2005年11月15日 (火)

少年少女の犯罪が多いのは彼らが身勝手だからか?

男子高校生による女子高校生殺害や,女子高校生が母親に毒物を飲ませる事件などを始め,少年少女による理解に苦しむ事件が相次いでいる。
「彼らは身勝手で他人を思いやる気持ちが持てない」ことがこれらの事件の原因の一つとする論調が見られる。
確かに,「自分さえ良ければいい」という考えに起因すると思われる事件も多い。
しかし,少し違った背景による場合も多いのではないだろうか。特に,犯人の少年少女が,「成績優秀」や「まじめで目立たない子」などと評される場合に多いのではないかと思う。
人が,法や道徳に反する行為への欲求を思いとどまるとき,多くの場合,その理由は自分の今後の人生を守るためだろう。
そして,自分の人生を守ろうとする意識が希薄な場合,欲求が勝ってしまうことがあるのではないだろうか。

「勝ち組・負け組」という言葉をよく見聞きする。「ナンバーワンよりオンリーワン」ともよく言われる。
勝てなければ負けるしかないのか,「ほどほど」は存在し得ないのか?
何億,何十億といる人間すべてが「オンリーワン」になれるのか,one of them ではいけないのか?

特別な才能に恵まれなくても,「ほどほど」に生きていける社会でなければ,「ほどほど」の子供たちは希望を持てないのではないか。「つつがなく生きていこう」という発想が持てないのではないか。

「オンリーワン」は幻想だと思う。「オンリーワン」は当然「ナンバーワン」であるのに,言葉遊びでごまかしている。
「平凡」ではなく「オンリーワン」が人間のデフォルトだとしたら,実はほとんどがそうである「平凡」な人間は,デフォルトの機能を持てない「不良品」である。

「ほどほど」の生き方を選択肢に入れられていない子供たちは,リスクの極めて大きな「賭け」に走りがちになると思うのだが,どうだろうか。

|

« 「皇室典範に関する有識者会議」のメンバーは本当に「有識者」なのか? | トップページ | 「タテマエ」は悪いことか? »

コメント

人が,法や道徳に反する行為への欲求を思いとどまるとき,多くの場合,その理由は自分の今後の人生を守るためだろう。

私はそうです。もちろん、他人を傷つけたくないという意思はありますが、最終的には自分を守るためでもあります。

ほどほどの生き方、長く生きれば徐々に身についてくる考え方ですが、今の社会における「喜び」というものが、偏ってお金となってきているという背景も原因でしょうか。

人の役に立つことも喜びだと思うのですが、お金が喜びとなれば、勝ち組・負け組が全面に出ますね。

幸せとか喜びとかの価値観も変わりつつあるのかもしれません。


とても勉強になりました。

投稿: レッツら | 2005年11月20日 (日) 15時59分

レッツら さん:
「お金が喜び」も,あながち悪い考え方ではないとも思います。ただ,お金の儲け方・儲かり方が問題なのではないでしょうか。
正直に真面目に頑張れば報われる社会であるかどうかが,一番大切なのではと思います。
頂いたコメントをきっかけに,新しい記事を書いてみました。

投稿: WontBeLong | 2005年11月20日 (日) 19時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/7131952

この記事へのトラックバック一覧です: 少年少女の犯罪が多いのは彼らが身勝手だからか?:

« 「皇室典範に関する有識者会議」のメンバーは本当に「有識者」なのか? | トップページ | 「タテマエ」は悪いことか? »