« [番外]ブログタイトルの意味 | トップページ | 完全な政教分離は可能か? »

2005年12月20日 (火)

野党は手を緩めず設計偽装事件を追及しきれるか?

かつてこのブログで,小選挙区制で民主党に勝ち目はあるか?と題した記事を書いた。
その中で,
「小選挙区制である限り,よほど大規模にスキャンダラスな問題を起こさない限り,(途中略)現在の与党が勝ち続けるのを止めるのは難しいのではと思うが,どうだろうか?」
と書いた。これには,「実際には無理ではないか」という思いを込めている。しかし,ここ数日のニュースを見ているとマンション構造設計偽造事件が大規模なスキャンダルに発展する可能性が感じられる。
このような情報(すべては検証していないが,googleの12月8日のキャッシュ国土交通大臣のプロフィールからわかるように,少なくとも一部は事実である)もあり,また,森派への献金などの件も取り沙汰されており,建設業界という政治と絡みやすい世界の事件であるため,芋づる式に様々な政治スキャンダルが暴かれるかも知れない。
もし,本当に大きなスキャンダルが隠されていれば,与党は目くらましに出るだろうが,野党が裏で手打ちせずに徹底的に追及すればそれをもはね返せるかも知れない。
そうなれば,有力議員に取りすがる地方社会も,政治家と関係を深くすることにリスクを感じてこれまでとは違う動きを見せるかも知れない。

もしそうなれば,小選挙区制が味方して一気に民主党が優勢になる可能性もあると思うが,どうだろうか。

なお,自分は民主支持者ではなく,民主党政権を願っているわけではない。現時点では,どういう政権が望ましいか,自分としての答えは持っていない。

|

« [番外]ブログタイトルの意味 | トップページ | 完全な政教分離は可能か? »

コメント

やっぱり、共産党と社民党が憲法問題一点でいいから、共闘して、三局体制をつくらないと
日本の政治は終わるね。

投稿: tama | 2005年12月21日 (水) 00時14分

tamaさん,
コメントできる知識をあまり持ち合わせておりませんが,「弱肉強食化」が進む昨今,「弱者の味方」の部分でできる限りは共闘して「数の力」を特つ必要があるのかなとは思います。

投稿: WontBeLong | 2005年12月28日 (水) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/7738704

この記事へのトラックバック一覧です: 野党は手を緩めず設計偽装事件を追及しきれるか?:

« [番外]ブログタイトルの意味 | トップページ | 完全な政教分離は可能か? »