« 戦争指導者達は責められるべきなのか? | トップページ | [番外]一年の終わりに。 »

2005年12月30日 (金)

戦争指導者達は責められるべきなのか?(その2)

前回の記事で紹介した半藤一利著「日本のいちばん長い日」の中で,とても印象に残ったフレーズがあった。
降伏を阻止しようとする青年将校が,上級将校に賛同してもらうべく説得するときの台詞である。

原文のまま引用させて頂く。
「それなのに,形式的にでも皇室がのこればいいとする政府の降伏主義に私たちは反対するのです。皇室の皇室たるゆえんは,民族精神とともに生きる点にあるのです。形式ではないのです。閣下,形骸にひとしい皇室と,腰ぬけの国民と,国土さえ保全されればそれでいいという”政府の国体護持”は,つまるところ皇室の名を利用する自己保存でしかないと看破すべきなのです。」

同書を読む限り,昭和天皇の気持ち,また,当時の内閣のおそらく多くのメンバーの意図に対し,この青年将校の指摘は当たっていない。また,この将校と類似の考えを持っていた人たちや,考えは違っても当時真剣に国のことを想っていた人たちが,戦後に取った行動についても,おそらくこの指摘は当たっていないのではないかと想像する。
しかし,戦後60年を経てこれらの人たちの影響力が薄まった近年,この青年将校の指摘が,当時の人々の意図とは無関係かも知れないが,結果的に実際のものとなりつつあるようにも思えるのだが,どうだろうか。

(下はアフィリエイトのリンクなので,購入をお考えの方はここから購入するか,別の方法で購入するか,ご自身でご判断下さい。)

|

« 戦争指導者達は責められるべきなのか? | トップページ | [番外]一年の終わりに。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/7902011

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争指導者達は責められるべきなのか?(その2):

« 戦争指導者達は責められるべきなのか? | トップページ | [番外]一年の終わりに。 »