« 「学者」竹中氏の政策は「机上の空論」か? | トップページ | 政府はミャンマーとの真の共栄を目指しているのか? »

2006年2月 5日 (日)

「皇室典範に関する有識者会議」のメンバーはやはり「有識者」だったのか?

女系天皇問題についてあれこれ書いてきたのに恥ずかしながら川村けんと さんのブログの記事で初めて知ったのだが,「皇室典範に関する有識者会議」の座長である吉川弘之氏は,このような著作(「学術会議叢書3・男女共同参画社会-キーワードはジェンダー」の「はじめに」を執筆)を行っていた。ロボット工学が専門の産業技術総合研究所理事長ということで,全くの門外漢だと思っていたのだが,どうやらジェンダーフリー論者のようである。
「女性を差別してはいけない」という考えに関する「有識者」だったようだ。

これでは,男系維持か女系容認かを検討する会議の座長として公平に議論できる立場ではないのではと思うのだが,どうだろうか。

|

« 「学者」竹中氏の政策は「机上の空論」か? | トップページ | 政府はミャンマーとの真の共栄を目指しているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/8508145

この記事へのトラックバック一覧です: 「皇室典範に関する有識者会議」のメンバーはやはり「有識者」だったのか?:

« 「学者」竹中氏の政策は「机上の空論」か? | トップページ | 政府はミャンマーとの真の共栄を目指しているのか? »