« 「士農工商」は前近代的な概念か? | トップページ | 堀江氏送金メール問題,国民が知るべきことは何か? »

2006年2月22日 (水)

党首討論で前原氏は負けたのか?

今日の前原氏と小泉首相の党首討論でのライブドア堀江氏の武部氏次男への送金指示メールに関するやり取りで,「前原氏の負け」とする論調が多いが,果たしてそうだろうか。

(本記事の内容にレッツらさんのブログにコメントした内容とダブる部分があるが容赦されたい。)

とりあえず,自分自身は,メールの信憑性は高いと思っている。
堀江氏がクルマの中にいてVTRが回っていないほんのわずかの時間とメール送信時刻が一致しているのは,その時刻まで把握した上での捏造でなければ,偶然にしては可能性が低すぎる。
堀江氏が普段使っている,ライブドアのサイトのURLなどの多くの情報を含めたシグネチャがついていないことを偽物の理由にする説もあるが,選挙カーの中に持ち込んで緊急避難的に使っていたマシンから送信したのであれば,普段使っているシグネチャがついていない方が自然である。
From 欄まで塗りつぶしてあるということは,他人のマシンを使ったからその持ち主のアドレスになっているのであろう。捏造なら,From 欄に堀江氏のアドレスを入れるはずで,それならば塗りつぶす必要はない。
From 欄,To 欄のアドレスの持ち主は中間に介在する者で,情報漏洩者につながる者でもあり,本人達は滅多なことでは公表に応じないだろう。

捏造するなら,普段使われているシグネチャを付けて,夜中にでも送信した形にするのが普通の思考回路ではないだろうか。

党首討論で,前原氏は,国政調査権発動を約束するなら出すが,約束無しで出して調査されなければ民主党の「カード」がなくなるので出せないと言った。
これはその通りだと思う。
口座番号を出したところで,名義人が否定して,民主党が新たな決定的な証拠を出せなければ政府は調査を拒むだろう。

小泉首相は,メールが本物であることを示せば良い,そうすれば調査の必要もない,と言ったが,これは詭弁である。証明されない自信があるはずだし,万が一,メールが本物であることが示されても,今度は入金の事実はないと言い出すはずである。メールが本物であることを証明することは,送信者本人が認めない限りほぼ不可能である。メールサーバやプロバイダのサーバや通信記録のデータを入手して,送信に用いた電話や送信時刻を特定して,その電話を使用できる者が他にいなかったことでも証明しない限り不可能である。

メールの真偽は問題ではない。金の授受が証明されなければ意味は無い。それを証明するのは送金事実の調査である。

「口座番号まで握っている」,これだけで十分だろう。
これで国政調査権による調査が行われて「シロ」だった場合,民主党のダメージは甚大である。もし政府側に「シロ」の自信があるなら,武部氏の次男の了解を取っておいて,「待ってました」とばかりに調査すればよいはずである。そうすれば徹底的に叩ける。
前原氏が,「自分のクビを賭ける」とでも言えば少しは空気も変わるかも知れないが,それで政府が徹底的に情報操作すれば民主党は致命的なので,その可能性が少しでもある限り前原氏はそうは言えないだろう。

民主党にできることはこの辺りが限界だろう。政府を動かすには,民主党独力では無理で,世論が後押しするしか手はないと思うのだが,どうだろうか。

ちなみに,全く第三者の首相が「ガセ」と断言しているのに,平松社長は「メールも見ていないので確かなことは言えない」と,本物である可能性を100%否定はしていない。これは,本物であることを知っているか,本物である可能性があると考えていて,それが明らかになっても最終的に会社は守ろうとしているとも見える。

|

« 「士農工商」は前近代的な概念か? | トップページ | 堀江氏送金メール問題,国民が知るべきことは何か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/8791636

この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論で前原氏は負けたのか?:

» 永田爆弾が「自爆」、前原民主党を直撃する。 [エヌのブログ]
国民が注目していた党首討論が終わった。前原民主党の惨敗だ。昨年の総選挙の大惨敗を想起させた。 最近は4点セットの追及で民主党が攻勢にあったが、永田爆弾が自爆し、前原民主党が吹っ飛んだといった感じだ。さぞかし自民党は永田議員に感謝していることだろう。 永田議員には「前科」があるから、またか! と思うが、前原執行部がどのような根拠でGOサインを出したのだろうか。メールの存在と銀行口座の特定だけで委員会�... [続きを読む]

受信: 2006年2月23日 (木) 10時39分

« 「士農工商」は前近代的な概念か? | トップページ | 堀江氏送金メール問題,国民が知るべきことは何か? »