« 政府はミャンマーとの真の共栄を目指しているのか? | トップページ | なぜ日本人は自らこの良い国を変えようとするのか? »

2006年2月 9日 (木)

紀子さまご懐妊は男系維持派にとって安心材料か?

紀子さまのご懐妊,これはとてもおめでたいことである。
ただ,男系皇統維持派は,このご慶事を安心材料としていいのだろうか。
有識者会議の結論は,近々に男系男子が産まれなければという前提を含むものではない。
紀子さまのご懐妊は,皇族の方々の,社会の動きに対する精一杯の抗いのようにも見える。
歌会始に秋篠宮ご夫妻がそろってコウノトリを詠まれたのは,見ようによっては悲壮な願いの顕れとも思える。

敢えて「アジ」っぽい言い方をすれば,男系維持派はこの秋篠宮ご夫妻の悲壮な想いと行動を無にすることのないよう,ここで気を緩めて油断の隙を突かれていつの間にか法案が通っていたなどということのないよう注意する必要があるのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 政府はミャンマーとの真の共栄を目指しているのか? | トップページ | なぜ日本人は自らこの良い国を変えようとするのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/8573431

この記事へのトラックバック一覧です: 紀子さまご懐妊は男系維持派にとって安心材料か?:

« 政府はミャンマーとの真の共栄を目指しているのか? | トップページ | なぜ日本人は自らこの良い国を変えようとするのか? »