« 「ホテル・ルワンダ」を見て...愛国心とは? | トップページ | 「国家の品格」は「負け組」への鎮魂歌か?(その2) »

2006年3月28日 (火)

「国家の品格」は「負け組」への鎮魂歌か?

藤原正彦氏著「国家の品格」が売れている。

テレビで,「自由競争を否定するような内容が,『負け組』に受けているのではないか」というような論調を聞いた。果たしてそうだろうか?

藤原氏は,「国民は永遠に成熟しない」と述べている。また,それへの対応として「真のエリート」が必要と述べている。
自分は,自発的に「品格」を持つべきは「エリート」であり,その他の国民は導かれて「品格」を持つという「国家」を藤原氏は志向していると考える。
極めて高い能力を持つ少数の「エリート」,「卑怯」な手段を用いれば富も存分に手に入れることのできる者たちが,「品格ある」指導者となることで,安定した,美しい「国家」が実現できるし,かつては日本はそのような「国家」であったと藤原氏は述べていると考える。

この本が売れているのは,日本人の多くが,その心の奥底に染み付いている「品格」に,現在の日本の状況を「恥じる」べき,または「道を誤っている」と思い起こさせられるからではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 「ホテル・ルワンダ」を見て...愛国心とは? | トップページ | 「国家の品格」は「負け組」への鎮魂歌か?(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/9292119

この記事へのトラックバック一覧です: 「国家の品格」は「負け組」への鎮魂歌か?:

« 「ホテル・ルワンダ」を見て...愛国心とは? | トップページ | 「国家の品格」は「負け組」への鎮魂歌か?(その2) »