« 「国家の品格」は「負け組」への鎮魂歌か?(その2) | トップページ | 「愛国心教育」か「忠国心教育」か? »

2006年4月 2日 (日)

民主党執行部総退陣,その裏で一体何があったのか?

ホリエモンメール問題で,民主党執行部が総退陣,永田議員も辞職,メール提供者の証人喚問も中止とのことである。

自分は証人喚問を楽しみにしていた。何らかの新事実が出るのではと期待していた。証人喚問は自民党にとって不利に働くと思っていたので,自民がこれに反対する方向で動かないのを不思議に思っていた。
しかし結局,民主総崩れ,証人喚問も取りやめと,自民完勝で決着しそうである。

これは一体どういうことだろうか。
証人喚問直前での,突然の前原氏と永田氏の敗北宣言は,非常に不可解である。

見えないところで何らかのせめぎ合いがあり,証人喚問が民主に有利に働く望みがなくなったか,民主側が何かしらの交換条件を呑むなどして,前原氏側が身を引くことにし,永田氏が説き伏せられたのではと感じるのだが,どうだろうか。

いずれにしても,姉歯氏の夫人の自殺によって耐震強度偽装問題に再び世間の視線が向けられるかも知れなかったのに,民主党新党首問題などに向いてしまいそうなのが非常に残念である。

|

« 「国家の品格」は「負け組」への鎮魂歌か?(その2) | トップページ | 「愛国心教育」か「忠国心教育」か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/9398408

この記事へのトラックバック一覧です: 民主党執行部総退陣,その裏で一体何があったのか?:

« 「国家の品格」は「負け組」への鎮魂歌か?(その2) | トップページ | 「愛国心教育」か「忠国心教育」か? »