« 小泉首相は確信犯か? | トップページ | 国民投票法案のメディア規制撤回は与党の譲歩か? »

2006年5月17日 (水)

小沢vs小泉党首討論は期待はずれか?

民主党代表の小沢一郎氏と小泉首相の党首討論があった。
小沢氏の静かな物腰に,「期待はずれ」のような論評が多いようである。
果たしてそうだろうか。

これまで,野党の党首や議員が速いテンポで突っ込んで,のらりくらりとかわされて,「いいようにあしらわれた」といった印象を与えることが多かったように思う。
それに比べ今日の党首討論は,小沢氏がゆっくりとしたペースで議論を進め,小泉首相もペースを合わせなければならない中で,小泉首相の無定見ぶりが露わになったように見受けられた。

自分は民主党は好きではないし,小沢氏も嫌いではないが好きでもなくよくわからないので,民主側に贔屓目に見たつもりはない。

しかし,「教育の責任はどこにあるか」と問われて「親だ」などととぼけた答えを返したり,「教育基本法改正案をよく検討されたい」と言われて「委員会に検討させる」と無責任な言い方をするなど,小泉首相は自分のペースに引き込むことができず,「中身」の無さがいつもに増してはっきりと露呈したように感じた。

やはり小沢氏は小泉首相にとって,それなりに「やりにくい」相手なのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 小泉首相は確信犯か? | トップページ | 国民投票法案のメディア規制撤回は与党の譲歩か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/10119248

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢vs小泉党首討論は期待はずれか?:

« 小泉首相は確信犯か? | トップページ | 国民投票法案のメディア規制撤回は与党の譲歩か? »