« 亀田vsランダエタ戦は格差社会に慣れさせるためのパフォーマンスか? | トップページ | なぜ靖国で騒ぐのか? »

2006年8月13日 (日)

神道は宗教か?

靖国神社の話題と絡めて,「政教分離」のことがよく言われる。

日本人にとって,果たして神道は宗教なのだろうか。
形式的に神社は宗教法人となっているが,それは社会システムの都合上,そうなっているだけではないのか。

自分は浅学で神道のことはよく知らない。
しかし,他の宗教を排除するものであるとは聞かない。

自分は,特定の宗教を信じてはいないし,自分が死んだら仏式の葬儀になるのだろうが,どの宗派のものになるかも知らない。
しかし,初詣も行くし,子供が生まれれば初宮参りも七五三参りもする。だからといって,氏神にこだわるわけでは全くなく,そのときどきで都合のいい神社にお参りする。

人も含めて,森羅万象に神秘的な存在を感じるが,これは自分の中では信仰と言うよりも習性である。ほとんどの日本人は同じではないだろうか。そうであれば,神道は宗教と言うよりも文化に近いものではないだろうか。

「政教分離」は,政治が特定宗教と結びつくことによって,その宗教の信者以外の国民が不利益を被ることを防ぐためと,宗教を根拠にした理不尽な政策を防ぐためのものではないだろうか。
神社が国家的な追悼施設であっても,「政教分離」に照らして問題はないと考える。

(蛇足ながら,特定宗教とほとんど同化した政党が与党であることの方が余程大きな問題であろう。)

無宗教の追悼施設など作ったところで,批判勢力はどこまでも批判するのであって何の問題の解決にもならず,税金のムダ遣いでしかないのではと思うのだが,どうだろうか。

|

« 亀田vsランダエタ戦は格差社会に慣れさせるためのパフォーマンスか? | トップページ | なぜ靖国で騒ぐのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/11422423

この記事へのトラックバック一覧です: 神道は宗教か?:

« 亀田vsランダエタ戦は格差社会に慣れさせるためのパフォーマンスか? | トップページ | なぜ靖国で騒ぐのか? »