« 神道は宗教か? | トップページ | 麻生氏の総裁選出馬は負け戦と決まっているのか? »

2006年8月15日 (火)

なぜ靖国で騒ぐのか?

小泉首相の参拝もあり,靖国の話題で喧しい。

どんな事柄でも,誰かが音頭を取って賛否の議論をすれば,多様な意見が出るのは当然である。
一見,常識のようなことでも,反対意見を持つ論客を探してきてさまざまな舞台を仕立てれば,賛否の拮抗した議論にできることは多いだろう。

マスコミが元A級戦犯の合祀を騒ぎ立てなければ,政治家の参拝を騒ぎ立てなければ,それらを受けて中韓が騒がなければ,果たしてどれだけの国民が(中韓を含めて)靖国神社のことを気に掛けたであろうか。

自分は,元A級戦犯が靖国に祀られているかどうかや,首相が参拝するかなどはあまり興味はない。自分は小泉首相のやることなすこと,ほとんど気に入らないが,だからといって飯を食うな便所に行くなとは言わない。それと同じで,個人の信条によるものであれば靖国に行こうが行くまいがどうでもよい。
しかし,それを騒ぎ立てる人達については極めて不快感を覚える。

騒ぐ理由はほとんどの場合,政争の具とするためか自己の利益のため,あるいは騒ぐ他人に巻き込まれてしかあり得ないだろう。

雑音に惑わされても,一般庶民は何も得るものがないのではと思うのだが,どうだろうか。

|

« 神道は宗教か? | トップページ | 麻生氏の総裁選出馬は負け戦と決まっているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/11452650

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ靖国で騒ぐのか?:

» 「靖国の・災い転じて・福となれ」 [本質追求本部]
まさに墓穴といわんばかりの行動。まさかの終戦記念日の参拝です。 ある程度前から参 [続きを読む]

受信: 2006年8月18日 (金) 01時49分

« 神道は宗教か? | トップページ | 麻生氏の総裁選出馬は負け戦と決まっているのか? »