« 「飲酒文化」と「飲酒運転撲滅」を両立できるのか? | トップページ | 安倍首相の給与カットは「痛み」と言えるのか? »

2006年9月27日 (水)

プロ野球の高校生ドラフトは誰のための制度か?

プロ野球の高校生ドラフトで,様々なドラマがあったようである。

自分は野球はあまり詳しくないので,ドラフト制度の歴史などもほとんど知らない。
しかし,毎年,ドラフトのニュースを聞いて違和感を感じている。

自分は,行き過ぎた格差社会は好ましくないと考えるし,ルールの少なすぎる自由競争も却って不公平なものとなると考える。
ドラフト制度は,チーム間格差の行き過ぎを防止するためのルールであるということなのかも知れない。
しかし,世の風潮に合わせるべきと考えるわけでもないのに,ドラフト制度には何か違和感を覚える。

野球はスポーツである。また,プロ野球はエンタテイメントでもある。
スポーツには,それなりに公平なルールがあり,すべてのプレイヤーはそれに平等に従う限りは,また一定のスポーツマンシップに則る限りは全力を尽くしてプレイするものだと思う。また,無心に全力でプレイする姿を観客も楽しむものだと思う。

ドラフトで指名されるようなプレイヤーは,少年の頃から,平等なルールの下で夢を追いかけ鍛錬を積み,同世代のプレイヤーの中でほんの一握りのトップレベルに登って来た青年達である。
プロ野球の試合も熱心に観ながら,憧れる選手や球団もあり,その場に立つ自分のことをいろいろとイメージしてきたであろう。
彼らは,さらに夢を追い続けることを誰にも勝手な都合で邪魔されたくはないだろうし,観る者も,彼らと共に夢を追いたいのではないだろうか。

また,彼らは,高校を卒業する,社会人の入り口に立った者達である。昔とは彼らを取り巻く状況も変わり,それなりの判断力は持っていると思われ,子供扱いするような対象とは違うのではないだろうか。

ドラフト制度は,スポーツの本来のあるべき姿を守るためのものではなく,企業の中では一流であるオーナー企業が自分たちの利益を姑息に守るためのもののように思える。
プレイヤー本人の意志に反してまでチーム間の戦力均衡を図っても,長い目で見れば観客離れや野球少年の減少につながり,プロ野球界のためにはならないのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 「飲酒文化」と「飲酒運転撲滅」を両立できるのか? | トップページ | 安倍首相の給与カットは「痛み」と言えるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/12054514

この記事へのトラックバック一覧です: プロ野球の高校生ドラフトは誰のための制度か?:

» 野球のルール紹介 [私の稼げる情報・気になる情報]
野球のルールはファンであるとか、昔に野球をしていた方は知っているでしょうが、嫌々お父さんのナイター中継に付き合う主婦の皆さんや子供などは知らないことでしょう。初心者向けに簡潔に野球のルールを紹介します。 [続きを読む]

受信: 2006年9月30日 (土) 16時17分

« 「飲酒文化」と「飲酒運転撲滅」を両立できるのか? | トップページ | 安倍首相の給与カットは「痛み」と言えるのか? »