« 日本はかつて本当に「一億総中流社会」であったか? | トップページ | 国旗・国歌強制違憲判決を区切りに教育をもっと子供中心とするべきではないか? »

2006年9月21日 (木)

安倍晋三新首相の誕生で日本は改憲へ大きく舵を切ってしまうのか?

安倍晋三氏が自民党総裁に選出され,実質的な新首相の誕生である。
そして安倍氏は,憲法改正に意欲的な姿勢を示している。

安倍氏の祖父の岸信介氏は,太平洋戦争当時の指導者の一人でありながら,アメリカによる防共のための後押しを得て総理大臣となり,新安保条約を結ぶという,「アメリカだけには頭の上がらない国粋主義者」のような人物と思える。
安倍晋三氏は,そのDNAを極めて濃く受け継いでいるように見える。
日本を「強い国」,「頼れる国」とすべきと言いながら日米関係だけは絶対的に保全しようとしている。
安倍氏の考える憲法改正の方向は,銃を持って中心に立つ米国の隣りで,やはり銃を持って威勢を張ろうとするようなものではないだろうか。

自分の考える「うつくしい日本」は,貴重な九条を含む平和憲法を戴き,被爆を含む悲惨な敗戦経験を知るが故に,どの国よりも平和を強く希求し,あくまで平和的な手段のみで国際的にも貢献していく,「戦争をしない先進国」のモデルケースであるような国だと思う。

安倍氏は,日本人が久しく押し殺してきた愛国心をくすぐり,国際的な場で軍事力を行使できるようにするための憲法改正を世論が是認するような方向へ,巧みに導こうとするのだろうと思う。

「コイズミ的」手法にある程度慣れてしまった国民は,「どうせ政府の意向には逆らえない」というような諦めの思いを持ち勝ちではないかと思う。

しかし,本当に重要な問題については一人ででも声を上げる覚悟が必要であり,そして良識ある国民がみな声を上げれば,それらはきっと同じ方向を向いているものである,日本は今でもそのような「うつくしい国」ではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 日本はかつて本当に「一億総中流社会」であったか? | トップページ | 国旗・国歌強制違憲判決を区切りに教育をもっと子供中心とするべきではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/11976979

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍晋三新首相の誕生で日本は改憲へ大きく舵を切ってしまうのか?:

« 日本はかつて本当に「一億総中流社会」であったか? | トップページ | 国旗・国歌強制違憲判決を区切りに教育をもっと子供中心とするべきではないか? »