« 安倍首相の給与カットは「痛み」と言えるのか? | トップページ | 日本人は食べ物を大切にする文化を取り戻せないのか? »

2006年10月 1日 (日)

宝くじのCMは下品すぎるのではないか?

フジサンケイ ビジネスアイ というサイトに,宝くじに関する記事があった。

タイトルは「宝くじ、はずれても社会貢献 販売総額の4割を道路や橋の建設に」で,
「発売元は販売総額の39・8%を収益金として受け取り、道路や橋梁(きょうりょう)、社会福祉施設などの建設改修費に使われる。」
「宝くじ購入はりっぱな“社会貢献”でもある。」
「この宝くじ本来の目的を知らせることもファン獲得につながるはずだ。」
などとある。

何年か前から,宝くじのテレビCMが,あまりにも射幸心を煽るだけの内容になっていることが気にかかっている。
「当たればあなたも大金持ち」以外の内容が全くない,極めて下品なものに感じる。

自分はギャンブルはやらないし,宝くじも買わない。しかし,宝くじは社会貢献にもなることから,夢を見る程度に買っても良いかとは考えていた。
ところがあのようなCMを見せられると,宝くじを買うことが下品に思えてしまい,買う気が失せてしまい,結局,未だ買ったことはない。

あのようなCMを流し続けることは,子供達や若者に「地道に働くことよりも偶然でも良いから大金を手にした方が幸福」という意識を持たせるのではないかと危惧される。

宝くじのCMは,社会貢献になることを伝えることも当然ながら,地道な生活の中でささやかな夢を見るために買うことをすすめるような,もっと品のあるものとするべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 安倍首相の給与カットは「痛み」と言えるのか? | トップページ | 日本人は食べ物を大切にする文化を取り戻せないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/12103629

この記事へのトラックバック一覧です: 宝くじのCMは下品すぎるのではないか?:

« 安倍首相の給与カットは「痛み」と言えるのか? | トップページ | 日本人は食べ物を大切にする文化を取り戻せないのか? »