« 安倍首相の言う努力とは何か? | トップページ | [番外]イーホームズ藤田社長から安倍首相へのメッセージ »

2006年10月19日 (木)

イーホームズ藤田社長の告発をマスコミはなぜ取り上げないのか?

「東京新聞」Webサイトによると,イーホームズの藤田社長が「見せ金増資」で有罪判決を受けた後,記者会見で以下のような告発を行ったとのことである。

===================================
『アパ3物件も偽装』
藤田元社長暴露

 「国がどうやって真実をねじ曲げてしまうか、みんな知らない」。耐震強度偽装事件の“登場人物”の一人とされ、東京地裁で十八日、有罪判決を受けた民間確認検査機関「イーホームズ」(廃業)元社長藤田東吾被告(45)が判決後、記者会見で「爆弾告発」をした。「アパグループの物件でも偽装が行われた」。藤田被告は激高した口調で、国や捜査当局を「耐震偽装を隠ぺいするために私を逮捕した」と批判、マスコミに真実を追及するよう訴えた。

■首都圏マンションなど

 藤田被告は判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「イーホームズが確認検査をしたホテル・マンション大手『アパ』グループの三つの物件でも耐震強度の偽装があった」と述べた。

 アパは今年六月、「イーホームズより構造計算書に一部不整合があるとの報告を受け、検証中」と明らかにしていた。

 藤田被告によると、イーホームズが偽装を確認したのは(1)埼玉県鶴ケ島市のマンション「アップルガーデン若葉駅前」(2)千葉県成田市のマンション「アパガーデンパレス成田」(3)川崎市内の物件-の三物件。偽装に気付いたのは今年二月。アパグループの物件の構造設計を請け負っている富山市内の設計事務所の代表がイーホームズに来社し、藤田被告に打ち明けたという。

 この後、アパの役員らがイーホームズを訪れ、計画の変更を要請。「アップルガーデン」と「ガーデンパレス」は「計画変更も再計算も適切ではない」と判断し、工事は現在中断しているという。

 藤田被告は「国に通報して、アパの物件を調査するように要請したのに、担当者は『関知しない』と取り合わず、アパは工事を止めなかった」と述べた。

 その上で「本質は確認検査ではなく、偽装が可能なレベルの構造計算プログラムの問題だ」と主張。「その責任は、プログラムの運用プロセスを認定した国土交通省と同省の天下り団体である『日本建築センター』にある」と訴えた。
===================================

告発の内容の真偽は,自分は現時点ではわからない。しかし,告発があったことは事実であるのに,他のマスコミはなぜこの極めてスキャンダラスな情報を報道しないのだろうか。
「きっこのブログ」などで流されている情報の真偽もわからないが,マスコミに対して国から圧力が働いていることは間違いないのではと思うのだが,どうだろうか。

|

« 安倍首相の言う努力とは何か? | トップページ | [番外]イーホームズ藤田社長から安倍首相へのメッセージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/12335988

この記事へのトラックバック一覧です: イーホームズ藤田社長の告発をマスコミはなぜ取り上げないのか?:

» マスコミは恥を知れ 首相は即刻退陣しろ [論点]
昨日藤田東吾さんが、プレスリリースを発表した。しかしほとんどのマスコミは現政権を恐れてか黙殺しているようです。 アパグループが、ヒューザーと同じようなマンション耐震偽造を行っているかもしれないというのに、すでに耐震偽造問題は終結してしまったかのような反応..... [続きを読む]

受信: 2006年10月19日 (木) 06時16分

« 安倍首相の言う努力とは何か? | トップページ | [番外]イーホームズ藤田社長から安倍首相へのメッセージ »