« イーホームズ藤田社長に対して悪意を持って報道するマスコミはネットを軽視しているのか? | トップページ | 高校の必修外しを騒ぎ立てるマスコミは高校生たちよりも保身が大事なのか? »

2006年10月23日 (月)

連続病欠職員を出した奈良市の規則は不適切か?

奈良市環境清美部収集課の男性職員が病気を理由に休暇を繰り返しながら給与を得ていた問題について,先ほどTBSの「ニュース23」で,「こうなる前に規則を変えるなどの手をなぜ打たなかったのか」などと,奈良市だけを責めるような批評が行われていた。

90日置きに何度も異なる病気に罹るなどというのは,偶然にはまず起こりえない。しかし,全くないとも言えない。

件の男性の診断書を書いた医師は,グルか脅されていたかのどちらかであることは明らかである。
そのようなことまで想定して規則を定めることなど不可能であろう。
偶々,そのような者が出たからといって規則を変えて,やはり偶々,90日置きに本当に異なる病気に罹った職員が出たら,その職員はいい「とばっちり」である。
また,規則を多少変えたとしても,件の男性のような人物はまた別の手を打ってくるだけであろうし,男性を狙い撃ちにするような規則改正は,男性が支部長を務めていたという部落解放同盟の圧力の下では不可能であろう。

TBSも部落解放同盟をおそれての対応であろうが,そのような姿勢こそが,今回のような事件を醸成するのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« イーホームズ藤田社長に対して悪意を持って報道するマスコミはネットを軽視しているのか? | トップページ | 高校の必修外しを騒ぎ立てるマスコミは高校生たちよりも保身が大事なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/12397147

この記事へのトラックバック一覧です: 連続病欠職員を出した奈良市の規則は不適切か?:

« イーホームズ藤田社長に対して悪意を持って報道するマスコミはネットを軽視しているのか? | トップページ | 高校の必修外しを騒ぎ立てるマスコミは高校生たちよりも保身が大事なのか? »