« 安倍首相は最年少首相らしく振る舞うべきではないか? | トップページ | イーホームズ藤田社長の告発をマスコミはなぜ取り上げないのか? »

2006年10月17日 (火)

安倍首相の言う努力とは何か?

安倍首相は,「努力した人が報われる社会にするべき」と協調する。

「努力」とはどのようなものであろうか。

一日に六時間働く人よりも八時間働く人,さらには十時間,十二時間働く人が「努力する人」なのだろうか。
夜中でも,休日でも働く人が「努力する人」なのだろうか。
身の危険を顧みず働く人が「努力する人」なのだろうか。
国のためなら武器を取り命を懸けて働く人が「努力する人」なのだろうか。

文字通りに考えればその通りだろう。

しかし,政府が国民にそれを求める国家は,果たして成熟した国家なのであろうか。

自分は,自分が日々務めている仕事が社会に貢献すると信じて働いている。
「社会に貢献する」とは,人々が人生をより楽しめる社会へ変えていくことだと考えている。
ただ,平均よりは少し多めに努力しているつもりである。それは,平均よりも少し多めに能力を与えられている分だけ多めだと思っている。これは,平均よりも多い能力を与えられた人間の義務,宿命だと思っているし,多めの努力は自分の人生の楽しみでもあると思っている。
(とはいっても,大した能力は持っていないから,大した努力はしていないが。)
このように,人は分相応に社会に貢献できるだけの努力をすればよいのではないだろうか。

前にも書いたが,安倍首相は「努力した人が報われるべき」とは言っているが,「努力の過程を評価すべき」とは言っていない。結局,「結果」で評価されるのである。
「努力した人が報われる」と言えば耳当たりは良いが,結局,「皆がこき使われて能力のある者だけが報われる」ということであろう。

安倍首相の言う「努力が報われる社会」が,「勝ち組と負け組が固定化しない社会」であるというのは幻想ではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 安倍首相は最年少首相らしく振る舞うべきではないか? | トップページ | イーホームズ藤田社長の告発をマスコミはなぜ取り上げないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/12312924

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相の言う努力とは何か?:

« 安倍首相は最年少首相らしく振る舞うべきではないか? | トップページ | イーホームズ藤田社長の告発をマスコミはなぜ取り上げないのか? »