« 宝くじのCMは下品すぎるのではないか? | トップページ | 憲法を否定する首相は憲法違反を犯しているのではないか? »

2006年10月 2日 (月)

日本人は食べ物を大切にする文化を取り戻せないのか?

東京で開かれた「どうするニッポン人の食生活! 真の食育を考える」(こころとからだの元氣プラザ,東京顕微鏡院主催)というシンポジウムで,「臭い物好き」で有名な東京農業大学の小泉武夫教授が,
食糧自給率に触れ、40%を割り込んだ日本は先進国の中で最下位であるが、食品廃棄物の量が膨大で毎日300万人分以上の食事を捨てていることに相当するライブドア・ニュースより)
と話されたそうである。

自分は子供に食べ物を無駄にしないように厳しく言っている。
おそらく,世の親のほとんどは同じ事をしているであろう。

にも関わらず,食べ物を無駄にする大人が何故こんなにも多いのか。
自分が日常において目にする機会が多く気になっているのが,酒宴での食べ残しである。特に仕事絡みでの宴会の席では,みな話すことと酒を注ぎ合うことに熱心で,食べることをあまりしない。
飲みながら,会話をしながらでも料理を味わうことは十分にできるはずである。食べ物を無駄にしたくないという気持ちがあれば,参加者の交流に支障を来すようなことなく,もっと違った振る舞いができるはずである。

最近,よく話題になる「大食い大会」の類を,食べ物を大切にしていないからと批判する意見は多い。しかし,自分から見れば,ちゃんと食べるのだから無駄にするよりは余程ましである。宴会で多くの料理を食べ残すことに心を痛めない人には,大食い大会を批判する資格はないと考える。

食べ物を大切にすることは,自然や人を敬い感謝する気持ちにつながるものであり,自らの身を守るものでもあり,絶対に守るべき文化であると考える。

「食育」の必要性をいくら叫んでみても,大のオトナが大勢集まる場所で,大量に食べ残しが出るようでは効果は薄いのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 宝くじのCMは下品すぎるのではないか? | トップページ | 憲法を否定する首相は憲法違反を犯しているのではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/12127774

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人は食べ物を大切にする文化を取り戻せないのか?:

« 宝くじのCMは下品すぎるのではないか? | トップページ | 憲法を否定する首相は憲法違反を犯しているのではないか? »