« 防衛庁の省昇格法案は自衛隊の海外派兵を進めるものであることを国民は理解しているか? | トップページ | [番外]イーホームズ藤田社長が耐震偽装事件について語る映像 »

2006年11月28日 (火)

造反議員も結局「寄らば自民」か?

ほとんどの造反議員の自民党復党が決まりそうである。

誰であったか忘れた(記者会見した四人の一人)が,「自民党にいることが国民のためになる」と,あからさまに「寄らば大樹」を口にする人もいた。

「自民党は民主的に多様な意見を受け入れる」などと言うが,自分は若いころから自民党内に多数の派閥があることが理不尽であると思っている。
政党とは,小さな差はあっても大筋では志を一にする者が集うものであろう。
多様な意見を持つ者たちが数を頼って自民党に集まり,権力の甘い汁を分け合っている。
選挙となれば,党内に多様な意見があるがために,幅広い支持を集めることができる。

一部の議員による北朝鮮に対抗する核議論や,新人議員による復党反対の意見などは,世論の極端な反発をかわすために党の組織的な思惑も働いているであろう。小泉チルドレンなどは,小泉氏の息のかかった安倍氏の率いる党の方針に背く度胸などあろうはずもない。

オールorナッシングのリスクを避けるために,自民党は常にこのように党内での幅広い論議を演じている。

ただ,郵政民営化については世論が味方につくと読み,挙党一致で臨み,それを腹に据えかねた者たちは容赦なく切った。これにより,本気で党に背くとどうなるか,見せしめとなった。

生え抜きの自民党政治家以外は,与党であるための数稼ぎのひとりとして,言いたいことを小出しにしつつ,それを逆手に利用され,しかし決定的に党に背くことはできず,わずかな甘い汁を吸わせてもらう立場を甘受して行くのだろう。

枡添要一氏も,以前にテレビで自民党にいる理由を,国会での質問時間の長さなどを例に挙げ,自民党に席を置くことで最も大きな影響力を持つことができると述べていた。

国民の,様々な団体なども「寄らば大樹」で自民党を支持しているものが多いだろう。日本全体の構造が,自民の一党支配を許すものになっている。

公明党さえも利用して与党の座にしがみつく自民党に対して,それこそ多少の痛みを伴う国民の意識改革が必要ではないかと思うのだが,どうだろうか。

[記事作成後にTBさせて頂いたブログ]

日本がアブナイ! 自民党復党は国民に対する裏切りだ & 安倍氏は優柔不断のまま何もできず・・・+αのアレコレ

|

« 防衛庁の省昇格法案は自衛隊の海外派兵を進めるものであることを国民は理解しているか? | トップページ | [番外]イーホームズ藤田社長が耐震偽装事件について語る映像 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/12860199

この記事へのトラックバック一覧です: 造反議員も結局「寄らば自民」か?:

» 復党しようとしまいと自民党の支持率が下がることが良いことだ! [ちょっと一言]
 自民党の復党劇は平沼氏を除く11名の復党で第一陣の決着がついたようだ。平沼氏が [続きを読む]

受信: 2006年11月30日 (木) 17時15分

« 防衛庁の省昇格法案は自衛隊の海外派兵を進めるものであることを国民は理解しているか? | トップページ | [番外]イーホームズ藤田社長が耐震偽装事件について語る映像 »