« チャイルドシートの使用義務違反をもっと厳しく取り締まるべきではないか? | トップページ | 教育基本法改正案を強行採決する与党の数の力の前に国民は無力なのか? »

2006年11月14日 (火)

「空気が読めない」方が「いじめ」は減るのではないか?

子供のいじめが話題になっている。

今朝,テレビで興味深いことを聞いた。
イギリスでは,小学生の年代では日本よりいじめが多いが,中学生の年代では仲裁に入る子供が増えていじめが減るというようなことであった。
詳しく聞いていないので,情報源なども不明で,正確かどうかはわからない。
しかし,自分の経験からは,さもありなんと思う。

近頃,「空気を読む」という言葉をよく聞く。また,「空気を読めない」ことは批判の対象とされている。
自分の少ない経験からは,他の多くの国の人たちは,日本人に比べたら「空気が読めない」というよりも「空気に無頓着」な人が多いように感じる。
場の空気がどうであろうと,自分の姿勢や意見があまりブレない人が多いように思う。無理に場に合わせようとせず,気が乗らないときは態度に表し,少数意見であってもはっきりと口にする,そのような印象がある。

「空気が読めない人がいると気まずい雰囲気になる」といわれ,それを避けるために空気を読み,それに合わせようとする人が日本には多い。
この習性が,多数意見や声の大きな意見に流されることにつながり,子供の場合はいじめる側に身を置いてしまうことにつながっているのではないだろうか。

TPOに合わせた振る舞いというのは大切だとは思うが,そのために本心を偽る,または自らの意見を持たないということはするべきではないだろう。
「気まずく」思うことなどせず,明らかにTPOからかけ離れた者は無視,あるいは適当にあしらい,真摯な意見はきちんと受け止めればよいだろう。

どんな場合でも,自らの姿勢,意見を明確に持ち,その上で他人と真摯に議論できるようにする教育が,いじめを減らすためにも必要ではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« チャイルドシートの使用義務違反をもっと厳しく取り締まるべきではないか? | トップページ | 教育基本法改正案を強行採決する与党の数の力の前に国民は無力なのか? »

コメント

こんばんは。はじめまして。

場の空気について、おっしゃる通りだと思います。

私も以前書いた事があるものがあるので、T.B送らせていただきます。

投稿: bbuker | 2006年11月15日 (水) 01時50分

bbuker さん,コメントありがとうございます。
まぁ,私もこんな偉そうなことを書くほど「空気」に逆らう気概を持っているわけではなく,よく空気に流されるので少々お恥ずかしいとは思うのですが。
だから尚更,子供のころからそういうトレーニングをさせるべきだと思います。

投稿: WontBeLong | 2006年11月15日 (水) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/12690686

この記事へのトラックバック一覧です: 「空気が読めない」方が「いじめ」は減るのではないか?:

» 場の空気 3 [ホントノキモチ]
『3つの場の空気』 何か場の空気って、3つ有る気がする。 1つ目は、 思った事を [続きを読む]

受信: 2006年11月15日 (水) 01時53分

« チャイルドシートの使用義務違反をもっと厳しく取り締まるべきではないか? | トップページ | 教育基本法改正案を強行採決する与党の数の力の前に国民は無力なのか? »