« 政府は国民を犠牲にしてアメリカの戦争という公共事業に協力するのか? | トップページ | 必修を逃れた高校生たちは得をしたのか? »

2006年11月 6日 (月)

麻生太郎氏はやはり首相には相応しくない人物だったのか?

麻生太郎外務大臣が,日本の核保有に関する議論をするべきとの発言を繰り返している。
「どうして核を持たないのかなどきちんと議論するべき」などと発言しているが,わが国が世界唯一の被爆国であることと,核兵器の非人道性以上に,核を持たない理由として何が必要だと言うのだろうか。

自分は,先の自民党総裁選で,相対的に麻生氏が良いのではと思っていた。安倍氏とどちらが良いかは何とも言えないが,絶対的に総理に相応しいかといえば,現在の状況を見れば否と言わざるを得ない。

軍縮,核兵器廃絶は,実現性はともかくとしても,全世界の普遍の理想として良いと考える。
北朝鮮が核保有の動きを見せたからといって,理想に反して対抗姿勢を取るのは子供のケンカのレベルであろう。

たった2発の爆弾で,20万人あまりといわれる国民を殺された恨み,悲しみは何を以てしても消すことはできないはずである。

言論の自由により議論することは問題ないなどと言うが,よほど世界情勢が変貌して全世界が核保有へ向かうような,人類史の終末が近い状況にでもならない限り,わが国では核保有を視野に入れた議論は不要ではないかと思うのだが,どうだろうか。

[記事作成後にTBさせて頂いたブログ]
お玉おばさんでもわかる政治のお話 核不拡散条約はどこにいった?
日本がアブナイ! 批判殺到だけど・・・中川発言が止まらない?!+ 安倍氏の左寄り投球&太田氏のセンター前ヒット?!

|

« 政府は国民を犠牲にしてアメリカの戦争という公共事業に協力するのか? | トップページ | 必修を逃れた高校生たちは得をしたのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/12582290

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生太郎氏はやはり首相には相応しくない人物だったのか?:

» 批判殺到だけど・・・中川発言が止まらない?!+ 安倍氏の左寄り投球&太田氏のセンター前ヒット?! [日本がアブナイ!]
【3日は、「政府の誘導や圧力で、国民がアブナイ方向に持って行かれないように<2>  NHK命令放送の問題点」もアップしましたので、よろしければお読みください。m(__)m】  11月3日は、憲法が公布された日(1946年)だ。  国民の祝日に関する法律(祝日法)では、日本国憲法の精神にかんがみて「自由と 平和を愛し、文化をすすめる」ことが趣旨になっている。 <実はこの日は、明治天皇の誕生日であり、戦前は「明治節」(明治時代には天長節) という祝日になっていたが、これとは関... [続きを読む]

受信: 2006年11月 7日 (火) 01時19分

« 政府は国民を犠牲にしてアメリカの戦争という公共事業に協力するのか? | トップページ | 必修を逃れた高校生たちは得をしたのか? »