« 携帯電話の絵文字変換機能は公共の福祉に資するのか? | トップページ | 8時間労働制は世界遺産にする価値があるのではないか? »

2006年12月30日 (土)

[番外]2006年の終わりに

今年最後にもうひとつくらい書きたかったのですが,私事多忙のため叶いませんでした。
コンスタントに読んで下さる方が少しずつ増えているようで,そのような方々には大変失礼とは存じますが,今年はこれで最後にしたいと思います。

「ド素人」としては「Q」ばかりで「A」を出すことはできませんが,インターネットというメディアを用いれば,一国民がこのような視点を持っているということを,誰でも見られる形で示すことができますので,「普通の人達」が少しでも暮らしやすい社会になるよう,いろいろな形でわずかでも役に立てるかなと思っています。

今,日本は「普通の人達」に取って,どんどん危ない方向へ傾いていっているように感じます。サイレント・マジョリティに埋もれていても程々に良い居心地を享受できる時代ではなくなって来ているのではないでしょうか。しかし,インターネットは,誰にでも声を発する機会を与えてくれます。サイレント・マジョリティが意思を示し始めるにはとても便利なものだと思います。

来年も,このメディアを使って,疑問に思ったことを少しずつ問いかけて行きたいと思います。

来る2007年が,皆様にとって良い年となるよう,心からお祈りしております。

|

« 携帯電話の絵文字変換機能は公共の福祉に資するのか? | トップページ | 8時間労働制は世界遺産にする価値があるのではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/13258298

この記事へのトラックバック一覧です: [番外]2006年の終わりに:

« 携帯電話の絵文字変換機能は公共の福祉に資するのか? | トップページ | 8時間労働制は世界遺産にする価値があるのではないか? »