« 談合は無くすことができるのか? | トップページ | 安倍内閣の低支持率はいつまで持つのか? »

2006年12月11日 (月)

「下流くん」が「再チャレンジ」しない社会は皆が望む社会なのか?

近頃,「下流くん」と呼ばれる人種が増えているらしい。
このような,最低限の収入で最低限の暮らしをして,それなりに満足してしまう人たちがいる一方で,働きたくても働けない人たちや,働きづめの人たちがいる。

「自己責任」,「再チャレンジ」などの言葉をよく聞くが,まるで人はみな自分のために生きており,勝つも負けるも自分の勝手というような風潮である。

社会というものは,構成員のそれぞれが存分に能力を発揮できる状態であるべきであり,指導者はそのように導くべきものと自分は考える。

小泉前首相は,一部の有能な人が頑張ってそうでない人は恩恵にあずかればいい,というようなことを言っていた。
日本版「ホワイトカラーエグゼンプション」の導入も検討されている。

この国の指導者達は,一部の「働きたい人」,「働ける人」をとことんまでこき使い,そうでない人は「自己責任」の名のもとに切り捨てる方が,万遍なく適度に働かせるよりも効率的と考えているのだろうか。

寝食を忘れ働くことを喜びとする人たち,最低限の暮らしを喜びとする人たち,そしてカネと権力で人の上に立ち贅沢な暮らしをすることを喜びとする人たち,そういう社会構成を望む人は少ないのではないかと思うのだが,どうだろうか。

なお,カネや権力は寝食を忘れて働けば手に入ると言う人も多いだろうが,夢を見るのは自由であるし大切であり忘れてはならないとも思うが,夢に溺れるのはどうかと思う。

|

« 談合は無くすことができるのか? | トップページ | 安倍内閣の低支持率はいつまで持つのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/13033986

この記事へのトラックバック一覧です: 「下流くん」が「再チャレンジ」しない社会は皆が望む社会なのか?:

« 談合は無くすことができるのか? | トップページ | 安倍内閣の低支持率はいつまで持つのか? »