« 安倍内閣の低支持率はいつまで持つのか? | トップページ | 教育基本法が改正され国民は何を警戒すべきか? »

2006年12月19日 (火)

[番外]イーホームズ藤田社長のメッセージ

きっこのブログにイーホームズ藤田社長のメッセージが出ていました。転載自由とのことですので,こういった情報がいつのまにか埋もれてしまわないために少しでも助けになればと思い,転載します。
藤田社長の言い分が正しいかどうか,私は現在判断できません。しかし,マスコミ等が本来もっと取り上げるべきことであるとは思います。それがなされない今,我々が情報を広めることは意義深いと考えます。

=========================
親愛なる友人の皆様、経済同友会の皆様、マスメディアの皆様、国交省建築指導課小川課長他、日本ERI鈴木社長、指定機関の皆様、東京都の皆様他

藤田です。お騒がせしておるかと思いますが、起業家として完全に復活しました!eHomesを立ち上げた時以上のパワーを留置場で得てまいりましたので、eHomes以上に日本をあっと驚かせて元気にさせるビジネスを展開します。ご期待ください。

さて、僕が書いた本、「月に響く笛 耐震偽装」の販売受付を開始しました!
http://www.imairu.com/books.html

日本の既存の言論出版会は、政治力の前に屈していることを知りました。文藝春秋は、「藤田東吾が死んでも、文春が責任を持って必ず出版する!@2100円&初刷り3万部」と、ノンフィクションセクションの出版局長他が言明し、社内の企画会議を通ったにも関わらず、11月になって、「アパグループのマンション偽装問題」の部分を削除しなければ出版できないということになりました。

この一年間を通して、テレビや新聞といったマスメディアも、報道という機能は完全に失ったことを知ったので、これはものすごいビジネスチャンスだと認識しました!そして、言論と美を追求するメディア企業imairu.comをUSAと日本に同時に設立しました。海外の友人を含む大勢の実力者が株主となって参加しています。活動開始です!

そして、「耐震偽装事件」を引き起こし、拡大させ、国民を混乱に陥れた最大の主犯:山本繁太郎を必ず弾劾して、引き摺り下ろして、この事件で亡くなった方の墓前に土下座させます。耐震偽装事件を黙殺し、一主婦を自殺に追い込んだ小泉純一郎や、杉浦正健、北側一雄も同罪です。未だに、この混乱を黙殺している安倍晋三首相は、やはり山口県同郷ゆえに山本繁太郎を追い込めないのでしょうか?もしそうなら、リーダーの器ではありません。

山本繁太郎は、耐震偽装事件を、国民の命の犠牲の上に、国の責任を隠蔽したご褒美で、国土交通省審議官に昇進していました。びっくりしました。僕が、つい先日、山本繁太郎を追い込むために、国土交通省に乗り込み、審議官室を叩いて追い出そうとする僕を誰も止めることは出来ませんでした。彼らは、自分たちの罪を認識しているのです。だから、僕に手が出せないのです。

是非、山本繁太郎が逃げて引き篭もった映像を見てください。これが現実です(11/25のドアを叩いている映像)↓
http://www.imairu.com/movie.html

この機会に、日本の様々なゆがんだ政策やマスコミの姿勢を徹底的に僕は正します。これは、一国民として行わなければならない、「主権在民を実現するための不断の努力(憲法12条)」です。

どうか、皆様も、ご協力してください。この映像を、ご友人やご家族の方に紹介してください。

日本に巣食う一部の勘違いした連中を気付かせて更生させましょう!

藤田東吾
=========================

|

« 安倍内閣の低支持率はいつまで持つのか? | トップページ | 教育基本法が改正され国民は何を警戒すべきか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/13122873

この記事へのトラックバック一覧です: [番外]イーホームズ藤田社長のメッセージ:

» 藤光建設「エグゼプリュート大師駅前」検査結果の疑問 [東急リバブル・東急不動産不買運動]
藤光建設株式会社「エグゼプリュート大師駅前」の第三者機関による構造検査結果には疑義がある。藤光建設は以下の期間の検査結果を公表した。 1.構造計算書レビュー結果(株式会社 住宅検査保証協会) 2.非破壊検査結果(株式会社 住宅検査保証協会) 3.構造計算....... [続きを読む]

受信: 2006年12月19日 (火) 21時25分

» 建築業法とは、建築業法を中心に、建築に関係するサイトです [建築業法 建築業法編]
建築業法について、調べてみました。参考になると良いのですがいかがでしょうか [続きを読む]

受信: 2007年1月 5日 (金) 22時33分

« 安倍内閣の低支持率はいつまで持つのか? | トップページ | 教育基本法が改正され国民は何を警戒すべきか? »