« Windows Vista発売の意義をマスコミは理解しているのか? | トップページ | 柳澤厚労相の失言を責め立てるのは「揚げ足取り」か? »

2007年2月 5日 (月)

安倍首相が柳澤厚労相を辞めさせないのは任命責任を問われたくないだけか?

柳澤伯夫厚生労働大臣の「女性は産む機械」発言が話題となっている。

与党議員をも含む辞任を求める声に対して,安倍首相は頑として擁護しようとしている。ああまでして守ろうとするのは,果たして任命責任を問われたくない等のためだけだろうか。
単純に考えれば,愛知県知事や北九州市長の選挙を見ても,さっさと辞めさせた方が得策のように思える。

柳澤大臣は,東大法学部から大蔵省(現財務省)と王道を歩み,政界入りした人物である。「日本は自分たちエリートが動かしている」という意識を持っている可能性は高いといえよう。
ホワイトカラーエグゼンプション導入法案を極めて精力的に推し進めていたし,増税論者でもある。
共産党が絵に描くブルジョアジーに属するような人物のように見える。経団連会長の御手洗氏も擁護するような発言をしている。
厚生労働省という,いわばプロレタリアートのために存在するような省庁の長にこのような人物を据えること自体に,安倍首相の政治の方向性が映されているようにも思える。

安倍首相が柳澤厚労相をどうしても辞めさせたくないのは,参院選を乗り切った暁には,与党内の反対すら押し切って,ホワイトカラーエグゼンプションなど財界や資産家に都合の良い政策をどんどん進めていきたいがためではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« Windows Vista発売の意義をマスコミは理解しているのか? | トップページ | 柳澤厚労相の失言を責め立てるのは「揚げ足取り」か? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/13803478

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相が柳澤厚労相を辞めさせないのは任命責任を問われたくないだけか?:

« Windows Vista発売の意義をマスコミは理解しているのか? | トップページ | 柳澤厚労相の失言を責め立てるのは「揚げ足取り」か? »