« 日本国民は『民主主義』を理解しているか? | トップページ | パートの厚生年金適用拡大は本当に「再チャレンジ支援」のためか? »

2007年2月28日 (水)

タミフル副作用で騒ぐマスコミは何が狙いなのか?

インフルエンザの治療薬タミフルと異常行動による死亡などとの関連について,話題となっている。

2/27に仙台市で,タミフルを服用後に中2男子がマンションから転落死して,過去にも類似の例があったことから,タミフルとの関連が取り沙汰されている。

厚労省が,「因果関係は明らかではない」などと発表し,これを非難する論調が見られる。

報道されているのは,「タミフル服用後の異常行動による死亡例が複数あること」,「タミフルの添付文書に副作用として異常行動などが挙げられているのに処方時に説明がなされていないこと」,「厚労省が対策を取ろうとしないこと」などである。

厚労省の調査結果として,「全国12都県の小児科医師に対して調査を行った結果,約2500の調査例において,タミフル未使用での異常言動の発現頻度は10.6%であったのに対し,タミフル使用では11.9%と有意差を認めなかった。」というものが公表されているが,このような情報は一部の報道で見かけたのみである。

このような具体的な数字もあるのに,これを報じずに,タミフルと異常行動の関連を疑うような情報のみ報じるのは公平とは言えないと考える。

メディアがやたらと取り上げるのは,厚労省や何かと話題の柳澤厚労相を批判すれば世論に受けると思っているのか,薬害エイズのようなセンセーショナルな展開を期待して乗り遅れまいとしているのか,所詮そのあたりの理由ではないかと思う。

一般国民は,報道の内容をあくまで情報の一部と捉え,自身が得ている情報の量と質はどの程度のレベルであるかを十分に考える必要があると考える。

医薬品の添付文書には,ほとんどの薬に極めて多くの副作用が記されている。タミフルには,「精神・神経症状(意識障害、異常行動、譫妄、幻覚、妄想、痙攣等)」などが挙げられているが「頻度不明」とされている。一般的な薬では,バファリンでは「めまい,興奮」,ガスターでも「可逆性の錯乱状態、うつ状態、痙攣、意識障害」などが記されている。これらは極めて頻度の小さい副作用であり,通常,処方時にいちいち説明はされていない。

これらの情報を見る限り,タミフルと異常行動が関連している可能性は極めて低いと見るのが科学的に公平であり,処方時に説明がなされていないのも特に責められるべきこととは言えないのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 日本国民は『民主主義』を理解しているか? | トップページ | パートの厚生年金適用拡大は本当に「再チャレンジ支援」のためか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/14081729

この記事へのトラックバック一覧です: タミフル副作用で騒ぐマスコミは何が狙いなのか?:

« 日本国民は『民主主義』を理解しているか? | トップページ | パートの厚生年金適用拡大は本当に「再チャレンジ支援」のためか? »