« タミフルは副作用より大量消費が問題ではないか? | トップページ | 選挙を棄権しても批判としての意味は成さないのではないか? »

2007年3月25日 (日)

日本でのテレビコマーシャルなどの広告は消費者を馬鹿にしているのではないか?

日本では,テレビコマーシャルなどの広告において,商品の具体的説明を行わずイメージだけを印象づけようとするものが極めて多く,自分は子供の頃からこれを疑問に思っていた。同類商品を比較するために何の参考にもならず,広告として意味をなさないのではないかと思っていた。お菓子のCMで有名人がおいしそうに食べるだけのものなど,何の意味があるのかまったく理解できなかった。

20年ほど前までは比較広告が行われていなかったので,なおさら,その印象が強かったのだと思う。初めて海外でテレビCMを見たとき,具体的な説明に重点を置くものが多かったので,「こうあるべきだろう」と思ったことを覚えている。

しかしながら,日本では一般に印象の良い広告の効果は大きいようである。知名度の高さが重要なのは確かであろう。人気タレントの起用や,映像として出来の良さ,インパクトの強さなどを目指して広告は作られているようである。

テレビCMの出演料は非常に高いと言われている。有名タレントやスポーツ選手などは数千万単位が普通で,億を超える場合もあるようである

広告作成の依頼主は,広告代理店やテレビ局などのメディアに莫大な料金を支払っているであろう。その料金は,依頼主の商品やサービスの価格に転嫁され,消費者が負担するのである。つまり,「広告はタダではない」のである。

イメージだけを見せるCMに消費者が踊らされ,広告代理店とメディアが儲けて,この構図の中に,商品の正しい知識が伝えられるなどの消費者に対するメリットはない。逆に,上述の価格への転嫁の他にも,宣伝の巧みさに商品やサービスを過大評価させられるなどのデメリットがあると言ってよいだろう。この構図は,企業や広告代理店が消費者を馬鹿にしている姿勢を表していると自分は考える。

一般消費者は,商品やサービスの対価を払う立場として,低コストで情報の豊富な広告を求めていくべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« タミフルは副作用より大量消費が問題ではないか? | トップページ | 選挙を棄権しても批判としての意味は成さないのではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/14376993

この記事へのトラックバック一覧です: 日本でのテレビコマーシャルなどの広告は消費者を馬鹿にしているのではないか?:

« タミフルは副作用より大量消費が問題ではないか? | トップページ | 選挙を棄権しても批判としての意味は成さないのではないか? »