« お年寄りが無理に運転しなくてもよい地方社会にするべきではないか? | トップページ | 従軍慰安婦問題を日本政府は軽くいなせば良いのではないか? »

2007年4月25日 (水)

集団的自衛権の行使など言語道断であると国民は再認識するべきではないか?

安倍首相が「集団的自衛権」を行使できるようにしようと躍起になっているが,「集団的自衛権」は今の憲法とは全く相容れないものではないだろうか。

「集団的自衛権」は,「持っているが行使できない」というのが政府の立場であり,「持っている」の根拠は国連憲章第51条に「集団的自衛権」は国の「固有の権利」と定められていることらしいが,全くの詭弁だと考える。

国連憲章には,「戦争をしてはいけない」とは書いていない。しかも,国連による軍事行動まで規定されている。つまり,紛争の解決手段としての戦争は,極力避けるべきとはしているが,行う権利を国連はどの国に対しても否定していない。
しかし,国際紛争を解決する手段としての軍事行動を行う権利は,憲法で明確に放棄している。

先日,元防衛庁長官の石破茂氏が,「北朝鮮からグァムの米軍基地へ向けてミサイルが発射され,偶然,日本のイージス艦がそれを撃墜できる位置にいたとして,日本が何もしないでミサイルを見過ごして米軍基地に命中し,多数の死者が出たら,その瞬間に日米安保条約は破綻する」という意味のことを述べるのを聞いた。
その場合,いったい何が起きるというのだろうか。米軍が,日本から全基地を撤収するのだろうか。それとも,日本を占領でもするのだろうか。

米国に対する攻撃に対して反撃するというのは,明らかに米国対第三国の軍事紛争への介入であり,すなわち「参戦」である。今の憲法下ではできないことは明らかである。
安倍首相などは,「集団的自衛権」に関して繰り返し言及して国民の感覚を麻痺させようとしているが,日本国民は,「集団的自衛権の保持・行使」など議論するにも値しないということを再認識する必要があるのではないかと思うのだが,どうだろうか。

[記事作成後にTBさせて頂いたブログ]
日本がアブナイ! お仲間会議で集団的自衛権の解釈改憲&憲法の記念式典でも改憲祝辞・・・こんな首相はいらない!
評論家・森田敬一郎の発言 安倍氏はアメリカが嫌い?―アメリカ人が草稿書いたって、いい憲法ならいいじゃないか。

|

« お年寄りが無理に運転しなくてもよい地方社会にするべきではないか? | トップページ | 従軍慰安婦問題を日本政府は軽くいなせば良いのではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/14847439

この記事へのトラックバック一覧です: 集団的自衛権の行使など言語道断であると国民は再認識するべきではないか?:

» お仲間会議で集団的自衛権の解釈改憲&憲法の記念式典でも改憲祝辞・・・こんな首相はいらない! [日本がアブナイ!]
    25日、憲法に関して二つのニュースが出ていた。  一つは、衆参議院主催の「日本国憲法施行60周年記念式典」の話。  もう一つは、憲法改正よりタチの悪い&問題の大きい集団的自衛権の研究を行なう 有識者の会議が正式に発足したという話だ。  また、参院の憲法調査特別委員会は、改憲手続法案(国民投票法案)の連休前の採決 をあきらめ、5月中旬まで審議&地方公聴会を行なうことを決めたというニュースも あった。複数の社から報じられていたので本当かも。<*1>  ・・・というわ... [続きを読む]

受信: 2007年4月26日 (木) 20時40分

« お年寄りが無理に運転しなくてもよい地方社会にするべきではないか? | トップページ | 従軍慰安婦問題を日本政府は軽くいなせば良いのではないか? »