« 自民党はなぜ国民投票法に最低投票率規定を設けようとしないのか? | トップページ | 辺野古の調査で国民に銃を向けた自衛隊は何を守ろうとしているのか? »

2007年5月16日 (水)

安倍首相の防大卒業式での訓示は最高指揮官として不適切ではないか?

民主党の小沢一郎代表が安倍首相との党首討論で,「危機に臨んで、自らの信ずるところに従って的確な決断をすることが必要」と防衛大学校卒業式で安倍首相が訓示したことを批判した
この論議は一般にあまり評価されていないようであるが,自分は,安倍氏の首相としての不適格さを十分に際立たせたように思う。

安倍首相は討論中に,周囲に向かって「この心構えがどこかおかしいでしょうか?」と呼びかけていたが,本当にわからないのであろうか。

首相は自衛隊の最高指揮官である。にも関わらず,自分の命令と隊員の信念が異なるものであれば,命令に背いても良いとでもいうのであろうか。

また,首相は,冒頭で書いた台詞の前に,「危機に直面した場合,右と左を足して二で割ったような結論を出しては不適切」ということを述べている。
この訓示が,個別具体的な行動場面を想定しているのであれば,極めて卒業生を馬鹿にした内容であろう。
単なる社会人としての心構えならともかく,多数の部下の生命を預かる自衛隊幹部になる者たちである。背広を来た人間に言われなくとも,そのようなことは当然わかっているはずである。
その程度の緊張感を持っていないと思われたのであれば,本人たちは心外であろう。

安倍首相は,社会情勢に鑑みて緊張感を持つように言いたかったのであろう。内閣メルマガにもこのことを誇らしげに書いている。しかし,結局,目の前の卒業生たちの生命を自分が預かるということをわかっていないという,自分自身の緊張感の無さを露呈しただけではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 自民党はなぜ国民投票法に最低投票率規定を設けようとしないのか? | トップページ | 辺野古の調査で国民に銃を向けた自衛隊は何を守ろうとしているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15097623

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相の防大卒業式での訓示は最高指揮官として不適切ではないか?:

« 自民党はなぜ国民投票法に最低投票率規定を設けようとしないのか? | トップページ | 辺野古の調査で国民に銃を向けた自衛隊は何を守ろうとしているのか? »