« 松岡利勝農相はサムライだったのか? | トップページ | 社保庁を「非公務員型」組織とすることに何の意味があるのか? »

2007年5月30日 (水)

年金問題で国民はここまで馬鹿にされて良いのか?

与党は,今日の衆院厚生労働委員会で,年金時効停止特別措置法案を野党の反対を押し切って強行採決した。

いくつかの新聞社のWebサイトを見る限り,朝日新聞がやや詳しく書いている他は,「支給漏れの時効を無くす法案を与党が委員会で可決した」,「5000万件の宙に浮いた記録は政府がきちんと調べると言っている」,「野党は審議が足りないと猛反対している」程度のことしかわからない。

5000万件のうち,政府がある程度積極的に調査するのは2880万件だけであり,それでも1年で作業するには多すぎて実際に確実に行われるとは信じがたいことや,その他,領収書以外で確認する方法などの具体的な内容が示されておらず,果たして支給されるべき人達のどの程度が救済されるのか,全く見通しが立っていないことは,これらの記事ではわからない。

ちらっとニュースを見る程度では,「せっかくの救済措置に何でも反対する野党が噛みついている」ように見えかねない。

また,この時期に半日の審議で強行採決するのは,選挙の頃にはほとぼりも冷めているといようとの目算があるだろう。

要するに,大多数の国民は,大して新聞やニュースも見ず,野党を信頼しないように与党に誘導されるので,無党派層は投票すらしないか,しても消去法で与党に投票すると考えているのであろう。

年金という,極めて全国民の生活に密着した問題でさえ,与党にここまで馬鹿にされて,国民はもっと怒るべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

[記事作成後にTBさせて頂いたブログ]
さぁ みんなで語り合おう「消えた年金」問題
お玉おばさんでもわかる政治のお話 年金の問題は右派とか左派とか関係ない。

|

« 松岡利勝農相はサムライだったのか? | トップページ | 社保庁を「非公務員型」組織とすることに何の意味があるのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15259940

この記事へのトラックバック一覧です: 年金問題で国民はここまで馬鹿にされて良いのか?:

» ◆消えた年金の問題。そもそも、時効適用の違法。とはいえ、突如として法律を出すのは独裁政治そのもの  [てらまち・ねっと]
 政府や与党の年金問題対応、突然、時効撤廃の法律案が提出された。  その中身は一概に悪いことではないとしても、そもそもの政治状況判断から突如として法律を提出、これを数日で可決して成立させようというのは、独裁政治そのものだと私は感じる。  何でも思ったまま強行採決、思いつき放題に方向付け・・・今の日本の政治はこの状態。  これが独裁でなくて、なんだろう・・・と思うのは私だけだろうか。  ともかく、今回の時効撤廃のことには、時効を理由に被爆者援護法に基づく健康管理手当の一部を支給拒否したことを最高裁... [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 16時13分

» 基礎年金番号に反対してきた連中が年金記録不備を糾弾する矛盾 [The企業年金BLOG]
年金特例法案が衆院通過 社保庁法案も (NIKKEI-NET) 野党、抵抗強める 国会は1日未明、衆院本会議で社会保険庁改革法案と年金支給漏れの時効を撤廃する特例法案を自民、公明両党の賛成多数で可決、参院に送付した。両法案の今国会での成立は確実な情勢で、与党は納付記録漏..... [続きを読む]

受信: 2007年6月 9日 (土) 03時47分

« 松岡利勝農相はサムライだったのか? | トップページ | 社保庁を「非公務員型」組織とすることに何の意味があるのか? »