« 自衛隊イラク派遣の犠牲である香田証生氏の死を忘れてはいけないのではないか? | トップページ | 内閣総理大臣は公僕ではないのか? »

2007年7月28日 (土)

今こそ痛みに耐えて政権交代を呼び起こす必要があるのではないか?

民主党が二大政党制への移行を唱え,政権交代の必要性を訴えている。

自分は,二大政党制が良いかどうかはよくわからない。多党制の方が良いのではないかと思っている。(と言いながら,政治学に疎く,それぞれの用語の定義は実のところよくわかっていない。)

しかし,いずれにしろ,まず必要なのは自民党のほぼ一党独裁状態にある現状を打破することである。

自分は,本来は何事においても「ガラガラポン」は好きではない。現状に問題があれば,現状に至る経緯を十分に踏まえて,良いところは残し,悪いところを修正していくことにより,状況は無駄に繰り返すことなく着実に改善されていくと考える。

しかし,今の日本の政治においては,安倍首相率いる自民党が「改革」と称して「ガラガラポン」的な動きをしているように見える。
「それこそが改革だ」との言い方もあろうが,果たしてそうだろうか。というよりも,その「改革」は誰を利するためのものであろうか。

自民党は,これまで行政を官僚に丸投げして,政治家たちはただ保身や私利私欲のことしか考えて来なかったことによる政治システムの疲弊をいいことに,言わば「マッチポンプ」的に,「改革が必要だ」と叫びながら,一般国民を犠牲にしてこの国をアメリカに都合の良い状態にすることで自身の利益の確保を確実なものにしようとしているだけではないだろうか。

この,日本を一部の者たちの私物のようにしてしまう「ガラガラポン」を防ぐために,今こそ政界の「ガラガラポン」が必要なのではないだろうか。

また,今,日本国民は若者を中心に政治に無関心な人たちが多い。
その原因は,圧倒的な組織票による「結局自民,どうせ自民」の現状ではないだろうか。

二大政党制に向かうべきかどうかはわからない。また,民主党に適切な政権担当能力があるのかもわからない。
しかし,とにかく自民党の力を弱めて,政界の勢力図にその時時の国民の意向が的確に反映されるようになるためには,まず自民党以外の政党に政権を委ねて見る必要があるのではないだろうか。

細川内閣成立のときのように,単なる混乱の賜のような政権交代ではない,民意の動向に起因する政権交代を実現すれば,民意が的確に反映された政治システムに変わっていく可能性はある。結局,政治に民意があまり反映されない保守二大政党制になってしまう危険もあろうが,それならば現状と大して変わらないので悪くなるわけではなく,やってみる価値はあろう。

官僚に頼り切りであった自民党に,政治システムの改革,それも一般国民のためになる改革を行うのは無理であろう。

現在の政治システムが自民党を軸に動いているのに,その軸を変えてしまうことは,ある程度システムの退化を招く面はあろうが,それこそが主権を国民に取り返す改革のために必要な痛みであり,その改革が今こそ日本が成熟した国家へ向かうために必要ではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 自衛隊イラク派遣の犠牲である香田証生氏の死を忘れてはいけないのではないか? | トップページ | 内閣総理大臣は公僕ではないのか? »

コメント

与党に政権担当能力があって、野党には無いとはとても思えません。
なぜなら与党の党首は森、コイズミ、アベと変遷していますが、彼らに国民の生活を守るという意味での、政権担当能力のないことは明らかですから、この程度の政治であれば、誰が政権を担当しても出来ます。むしろ米国傀儡でなければ、それだけで随分と今よりは国民にとって優しい政治になることは間違いありません。私は二大政党制だけが良いとは言いませんが、少なくとも大切なことは、国民が必ず選挙でだめだった政党にNOと意思表示して、国民にとって酷い政治をした人物を落選させることだと思っています。説明責任を果たさない政治家、政党を自分の私利私欲で移り渡る政治家、売国奴的政治家などを、次の選挙では当選させない国民の意思を示すことが、結果として政治を変えていく原動力になると思います。知らないうちに日本の国民は、本来生活のすべてに関わりのある大事な政治ということに、無関心でいるように教育されてきたことに気がついてもいいころだと思うのです。一人でも多くの日本人が、政治を自分自身で考えることが必要ではないでしょうか。

投稿: scotti | 2007年7月28日 (土) 02時51分

scotti さん,コメントありがとうございます。
ほんとにその通りですね。
もっと,小学校レベルからの教育現場で政治に関心を持たせる教育をするべきだと思います。経済に興味を持たせる教育はやられているようですが,「金儲けがすべて」という人材を育てるばかりのようで問題だと思います。
ただ,政権担当能力については,純粋に政治的な能力については仰る通りだと思うのですが,今のところ,官僚の手助けがなければ行政をスムーズに行えないのが現状ですから,長年政権の座についてそのノウハウを知り尽くしている自民党と比べれば,その点では野党は分が悪い面があると思うので,そこが気になるところです。

投稿: WontBeLong | 2007年7月29日 (日) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15922275

この記事へのトラックバック一覧です: 今こそ痛みに耐えて政権交代を呼び起こす必要があるのではないか?:

« 自衛隊イラク派遣の犠牲である香田証生氏の死を忘れてはいけないのではないか? | トップページ | 内閣総理大臣は公僕ではないのか? »