« [番外]選挙のための「消えた年金」認定 | トップページ | [番外]丸川珠代氏の転入届出し忘れ »

2007年7月16日 (月)

社保庁全員解雇を叫ぶ竹中平蔵氏に安倍首相は無責任に同調するのか?

ブログ Dogma and prejudice の記事,【竹中平蔵「年金問題は労働問題」全員解雇】を拝見して,以下の動画を知った。

竹中平蔵「年金問題は労働問題」全員解雇(Ameba Vision)

竹中氏はテレビ番組の中で,
「年金問題は労働問題,事務屋のチョンボだから全員解雇,年金納付に不明な点がある人は全員救済して,そのための無駄な支出は職員の給料を充てればよい。」
と言い放っている。

二流評論家でもあるまいし,出来もしないことを人目を引くためにこんなことを言うとは,さすが,小泉氏に気に入られたのを良いことに日本社会で自分の学説の実験を行い,やりたいことをやったらさっさと辞めて好き放題金儲けをしている人物だけのことはある,と思ったが,その後,「安倍首相も同じ考えだ」と言っている。

「事務屋のチョンボ」,つまりシステム的には何の問題もないのに,単なる現場のミス・怠慢だと言っている。これだけ大規模な「チョンボ」が,問題のないシステムで発生するという考え方は,社会科学系の学者とはいえ,所詮,経済学者で国の財政などを専門とする,「机の上だけで庶民の生活までわかったつもりになっている,またはわかるつもりもない」人種ならではのものであろう。
企業の経営などに明るい学者であれば,他意なくしては,こんな発言はしないであろう。

ついでに揚げ足をとれば,「労働問題」とは本来,労働者側から見て不利な状況をもたらす問題をいうものであり,明らかに誤用である。こういった点も,実際の組織運営に疎いことを表しているのではないだろうか。
(そういえば,安倍首相も「年金問題は労働問題」と口にするのを聞いたことがあるように思うが。)

システム全体の管理者の責任は問わず,現場にすべて押しつけて,しかも軍隊でもあるまいし連帯責任で全員解雇など余計な混乱を招いて年金受給者にしわ寄せが行くようなことを声を荒げて言い張るなど,とても大臣まで務めた人物として適切な言動とは思えない。
また,「全員解雇」などと威勢のいいことを言っているが,どうせ一部のキャリア官僚は出向扱いになって官僚としての経歴にはほとんどキズは付かないようにするのだろう。
本当に痛い目を見るのはシステムの歯車として働いてきた人達である。

もし,安倍首相も同様の考え方をしているとしたら,極めて無責任に,人気取りのパフォーマンスに走っているのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« [番外]選挙のための「消えた年金」認定 | トップページ | [番外]丸川珠代氏の転入届出し忘れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15782665

この記事へのトラックバック一覧です: 社保庁全員解雇を叫ぶ竹中平蔵氏に安倍首相は無責任に同調するのか?:

» 竹中平蔵「年金問題は労働問題」全員解雇 [Dogma and prejudice]
(動画 音声あり) 竹中平蔵「年金問題は労働問題」全員解雇 |AmebaVision[アメーバビジョン]より、 「これは年金問題でもなんでもなくて労働問題です。事務屋のチョンボなんです」 「事務屋のチョンボなんだから徹底的に処分すること、全員解雇すればいいんです」 「解雇することに、なぜ野党は反対するんですか?」(by 竹中平蔵)    こいつときたら、企業を倒産させることとか、労働者を首にすることしか考えつかないようですね。  事務屋に全責任を負わせて、事務屋に指示した管理者や、行政の最... [続きを読む]

受信: 2007年7月17日 (火) 03時48分

« [番外]選挙のための「消えた年金」認定 | トップページ | [番外]丸川珠代氏の転入届出し忘れ »