« [番外]あきれた自民党の実態 | トップページ | 久間防衛相は心から反省しているのか? »

2007年7月 1日 (日)

久間防衛相を庇う安倍首相は同罪ではないか?

久間防衛相が,広島,長崎への原爆投下について,戦争終結,ソ連による北海道占領を防ぐために「しょうがない」ことであったと発言した。
唯一の被爆国として,核兵器廃絶の先頭に立つべき国の大臣,しかも防衛相の発言として不適切であることは誰の目にも明らかである。
発言時の状況はわからないが,どんな状況であったとしても,また,個人的な考え方がどんなものであったとしても,建て前を崩してはいけないのは,大臣でなくともまともな大人なら当然わかるはずである。

これに対して安倍総理は,詳細は知らされていない段階であるが,「米国の考え方を紹介したもの」などとして問題はないものとの考えを表明した。
しかし,久間防衛相は,「アメリカをうらむつもりはない」とも発言しているのだから,本人の考えに基づいた発言であることは明らかである。

発言内容の重大さを認識できるならば,「発言の詳細はわからないが,真意が伝わっていないのだろう」程度が,庇うにしても精一杯の反応だろう。

平静を装い,その場の思いつきとしか思えない理屈で久間防衛相を庇うことしかしない安倍首相は,発言を聞いた国民,特に被爆者やその関係者に全く思いが至っておらず,保身と選挙のことしか考えていないことが明らかであり,久間防衛相と同罪で首相として全く不適格ではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« [番外]あきれた自民党の実態 | トップページ | 久間防衛相は心から反省しているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15610158

この記事へのトラックバック一覧です: 久間防衛相を庇う安倍首相は同罪ではないか?:

» 久間大臣の「原爆、しょうがない」も集団的自衛権論議も根っこは同じ! [ちょっと一言]
 久間氏は一体何を言いたいのだろうか?イラク戦争に関する一連の発言でアメリカ(ブッシュ政権)の逆鱗に触れてしまった罪滅ぼしなのだろうか。   [続きを読む]

受信: 2007年7月 1日 (日) 18時14分

« [番外]あきれた自民党の実態 | トップページ | 久間防衛相は心から反省しているのか? »