« [番外]Yahoo! みんなの政治 | トップページ | 参院選の投票時間繰り上げは無党派層票減らしか? »

2007年7月19日 (木)

柏崎刈羽原発の想定震度は適切なのか?

新潟県中越沖地震で,柏崎刈羽原発において火災や放射線漏れが発生した。
山陽新聞によると,東京電力は地震の揺れが耐震設計の基準である「限界地震」を大幅に上回ったとのことである。つまり,「想定外」の震度であったということである。
原発に限らないが,100%安全ということはあり得ないのはわかる。
しかし,限界をどこに想定するかは,限界を超えたときの損害の大きさとの兼ね合いで決めるべきものである。
原発が損壊した場合の損害は,地球的規模で甚大なものである。当然,想定されている限界は相当に高いものと思っていた。
震度6強よりも大幅に低い限界が想定されているのだろうか。
原発に関する技術については,他国の核開発につながるので出せない情報というのも多いのだろうが,それでも,日本国民,さらには全世界の人に対する責任として,安全確保の技術に関しては,人を安心させるに十分な情報公開が必要ではないかと思うのだが,どうだろうか。

ちなみに,同じ記事によれば,「地震発生後,間もなく火災が確認されたが,119番が掛かりにくく,消防隊の到着も遅れて」鎮火が遅れたとのことである。
原子力発電所という,世界最先端の科学技術を集めたはずの施設で,火災が起きた際に一般人と同様に119番に電話して消防隊を呼ばなければならないというのは,笑えない笑い話ではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« [番外]Yahoo! みんなの政治 | トップページ | 参院選の投票時間繰り上げは無党派層票減らしか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15818173

この記事へのトラックバック一覧です: 柏崎刈羽原発の想定震度は適切なのか?:

« [番外]Yahoo! みんなの政治 | トップページ | 参院選の投票時間繰り上げは無党派層票減らしか? »