« 改正政治資金規正法は「みんなで決めたルール」か? | トップページ | [番外]選挙のための「消えた年金」認定 »

2007年7月14日 (土)

安倍首相は誰を惹きつけようと語っているのか?

安倍首相が盛んにテレビ出演している。

多くを見たわけではないが,非常に多弁である。自分などはうるさく感じるほど多弁である。
良く言えば堂々とした,悪く言うなら人を見下すような態度で話すことが多い。
首相就任の前や当初はもっと謙虚な態度だったと思う。時に頼りなく感じるほどだったように記憶している。

ある頃から,安倍首相は人前で話す態度が随分と変わってきた。
電通かどうかは知らないが,専門の指導者にコーチを受けたことは明らかであろう。
そして,安倍首相が心からわき出る言葉を真摯に語るのではなく,テクニックを駆使して計算高く話しているのは明らかに見て取れる。

気になるのは,どのようなタイプの相手を惹きつけることを想定したテクニックであるかである。
テクニックで万人を惹きつけるのは無理であるから,対象を絞っているはずである。

自分は安倍首相がテレビで話すのを見ていると,「独裁者タイプ」を演じているように感じる。
自身の話す内容に理屈抜きで確信を持ち,否定してくる相手には,小馬鹿にするか居丈高に反論する。その場を自分のペースでコントロールしようとする。
頻りに「私の内閣」と言うが,あれだけ繰り返すのは,つい口に出るのではなく,強いリーダーシップを持つように見せるために意図的に選んだ言葉であろう。自分は嫌悪感を持つが。

そのようなタイプが惹きつけるのは,自身の人生に不安を持ち,また,自身の思想が弱く周囲に流されやすい人達ではないだろうか。

そうだとすれば,安倍首相は,国民の多くは自身の考えを持たない,民度が低いと考えていることになるだろう。
ひとことで言えば「バカにされている」ということだろう。

国民は,テクニックに惑わされることなく,安倍首相が語る言葉の裸の姿をしっかりと捉えるように努めるべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

[記事作成時または作成後にTBさせて頂いたブログ]
お玉おばさんでもわかる政治のお話 おかしいぞ、首相の理屈

|

« 改正政治資金規正法は「みんなで決めたルール」か? | トップページ | [番外]選挙のための「消えた年金」認定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15749079

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相は誰を惹きつけようと語っているのか?:

» 新しい時代のブログと公職選挙法 [津久井進の弁護士ノート]
1 公示日以降の選挙関係の書き込みはダメ? ということが多くのブロガーの心配事になっていた。  公職選挙法の規制の解釈の問題だ。  残念ながら、この点について、これまでスカッとした明快な答えはなかった。  ... [続きを読む]

受信: 2007年7月15日 (日) 10時09分

« 改正政治資金規正法は「みんなで決めたルール」か? | トップページ | [番外]選挙のための「消えた年金」認定 »