« 久間防衛相を庇う安倍首相は同罪ではないか? | トップページ | 安倍首相は国の指導者としての責任を理解しているのか? »

2007年7月 1日 (日)

久間防衛相は心から反省しているのか?

久間防衛相が「原爆投下はしょうがない」発言に関して謝罪する記者会見を行ったとのことである。

いくつかのテレビ局のWebサイトで会見の動画を見たが,薄ら笑いを浮かべて話しており,誠意はあまり感じられない。
しかも,NHKの動画を見ると,「県民の皆様や国民の皆様に,ある意味ではご迷惑をかけている」という発言を,「ある意味では」のところを語気を強めて話している。
本心から自らの言動を不適切とは思っていないのではないだろうか。

また,それらの動画はかなり短いものであったが,時事通信社のサイトにやや詳しい会見内容があり,その中で,「米国は米国としてそういう選択(原爆投下)を、戦争を終わらせるためにしたんだなという感じで言った。」という発言が紹介されていた。
この発言は,「しょうがない」と本質的に同じ意味ではないだろうか。
(しかも,原爆投下は「戦争を終わらせるため」ではなく単なる「実験」であったとする説はかなり有力である。)

「野党に発言を利用されて脇が甘かった」などとも発言している。

どう見ても,本心から反省する気は全くなく,ただ選挙のためだけのパフォーマンス,それもいかにも「嫌々」であるのが明らかではないかと思うのだが,どうだろうか。

[記事作成時または作成後にTBさせて頂いたブログ]
みやっちBlog 久間防衛相の原爆投下容認発言に与野党が非難
お玉おばさんでもわかる政治のお話 原爆が落とされたのは「しょうがなかった」ことなの?

|

« 久間防衛相を庇う安倍首相は同罪ではないか? | トップページ | 安倍首相は国の指導者としての責任を理解しているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15619954

この記事へのトラックバック一覧です: 久間防衛相は心から反省しているのか?:

« 久間防衛相を庇う安倍首相は同罪ではないか? | トップページ | 安倍首相は国の指導者としての責任を理解しているのか? »