« 「戦争」を実際に行うのは誰か? | トップページ | ヒゲの隊長は何様のつもりなのか? »

2007年8月 7日 (火)

自民党こそが「親方日の丸体質」ではないか?

テレビカメラも入った自民党の会合で,大物議員からの安倍首相続投批判が続出したとのことである。

読売新聞によると,

自民党で7日に開かれた地域ブロック別の国会議員懇談会や代議士会で、安倍首相の参院選惨敗の責任を指摘する意見が相次いだ。一部の派閥幹部からは退陣を促す声も出ており、首相批判はなお広がる可能性がある。

とのことである。

公然と党首を厳しく批判するとは,政党としてあって良いことなのであろうか。
自民党は,「様々な意見を受け入れている」と,一見民主的な運営を装っているが,郵政民営化問題に象徴されるように,大きな問題では党の決定に反することは許さないし,ほとんどの議員はそれに従う。

これは,本来,政治姿勢の大きく異なる者達の集まりでありながら,自民党の看板に頼っているだけ,そして,その看板を支えているのは結局官僚であって,すなわち,自民党議員こそが「親方日の丸体質」なのではないだろうか。

また,世論調査の結果を信用すれば,安倍内閣の支持率の低さの割りに,辞任要望が少ないようである。
これは,安倍氏が首相に相応しいと積極的に考える人が多いわけではなく,単に他に相応しい人物が思いつかないという理由からではないだろうか。

民主党に政権担当能力はないという論調も多い。
しかし,自民党が政権を担っていられるのは,自民党の看板のおかげであり,優れた資質や明確に共通した政治姿勢を持った政治家が集っているわけではないのではないだろうか。
そうであれば,一旦,民主党が政権についても国政運営ができる体制が整ってしまえば,民主党でも十分に政権を担当することは可能ではないだろうか。

それならば結局どちらがやっても同じという意見もあるだろう。
自民党は,官僚支配からの脱却を謳っているが,それならば,官僚との連携ができあがってしまっていない民主党に,一旦政権を委ねてしまうのが近道ではないだろうか。

二大政党制がベストとは思われないが,それでもとにかく複数の政党が緊張感を持って政権奪取を競い合うことは,国民にとってよりよい社会をもたらす可能性が十分にあるのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 「戦争」を実際に行うのは誰か? | トップページ | ヒゲの隊長は何様のつもりなのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/16042846

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党こそが「親方日の丸体質」ではないか?:

« 「戦争」を実際に行うのは誰か? | トップページ | ヒゲの隊長は何様のつもりなのか? »