« ジュゴンの絶滅危惧種指定は何を意味しているのか? | トップページ | 自民党こそが「親方日の丸体質」ではないか? »

2007年8月 7日 (火)

「戦争」を実際に行うのは誰か?

最近,映画「父親たちの星条旗」,「硫黄島からの手紙」,「ラスト・サムライ」,「ヒトラー ~最期の12日間~」を見た。
昨日,NHKスペシャルの再放送「硫黄島・玉砕戦」を見た。

美化している面もあろうが,昔の日本軍や侍は,戦争の責任を,かなり地位の高い者や最高責任者が命を以て購うことがよくあったようである。日本では,太平洋戦争の敗戦を受けて自害した大臣もいる。美化する気はないが,ヒトラーでさえ自害した。

今の時代では,わが国でさえ,そのような覚悟を持った指導者はほとんどいないであろう。
(ただ,自衛隊の幹部の方には,そのような覚悟を持った方はおられるだろうと思う。そのような方々には心より敬意を表したい。)

対イラク連合軍の犠牲者の情報のサイトに,犠牲者の氏名や階級,年齢などの情報がある。

犠牲者は,10代や20代の若者がほとんどで,もっと年配の人でも,階級は高くない場合がほとんどである。
一体彼らに,本当にイラクで命を落とすだけの責任や義務や,ましてや罪などあるのだろうか。
死に見合う報償があるのだろうか。
もし命を落とさずに済んでいたとしても,それだけの働きをした見返りがあったのだろうか。

戦争で殺されるのは,古今東西,一般の若者が真っ先である。
さらには,巻き込まれた一般民も多く犠牲となる。
そのような人達に,戦争に対して命を懸けるだけの責任があるのだろうか。

今日(実際はすでに昨日だが)は原爆の日である。
世界の大きな流れの中でも普通に暮らしていただけの,おびただしい数の人を殺戮し,子孫まで害をもたらした原爆を思い,今もイラクで危険な任務に就いている自衛隊員の方々を思い,安倍首相やブッシュ大統領が好む戦争というものを実際に現場で行うのは誰かということを考えるべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« ジュゴンの絶滅危惧種指定は何を意味しているのか? | トップページ | 自民党こそが「親方日の丸体質」ではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/16032127

この記事へのトラックバック一覧です: 「戦争」を実際に行うのは誰か?:

« ジュゴンの絶滅危惧種指定は何を意味しているのか? | トップページ | 自民党こそが「親方日の丸体質」ではないか? »