« メディアのネガティブキャンペーンが与党の敗因なのか? | トップページ | ジュゴンの絶滅危惧種指定は何を意味しているのか? »

2007年8月 2日 (木)

赤城徳彦農相は本当に「更迭」されたのか?

赤城徳彦農林水産大臣の辞任のタイミングを訝る声が多い。
報道では,安倍首相が辞任を指示したのであり,実質的な更迭だとされているが,自分は少し疑問を持っている。

確かに,あそこまで事務所費問題の追及が強ければ,辞めさせてしまった方が火種が消せて都合が良いとは言える。
しかし,松岡前大臣の時は本人が死を選ぶまで辞任を許さなかったし,赤城大臣も選挙前は徹底して庇っていた。
事務所費問題はとぼけ通せても,閣僚交代による任命の瑕疵の責任は形として残る。
だからこそ,選挙前には辞めさせなかったのであり,このタイミングで後任も決めないままに辞めさせるのは理解しがたい。

辞任の前日,安倍首相は次の内閣改造で赤城農相を留任させないことを明言した。
つい赤城農相を替える意志を示してしまったし,辞任の理由が事務所費ではなく敗戦の責任であれば,今辞めさせた方が得策と判断したとも考えられる。

しかし,やはり今辞めさせることは安倍首相にとってデメリットの方が大きいように思う。

安倍首相が赤城農相を替える意志を示したことを,赤城農相は辞任の日の朝まで知らなかったようである。

自分は,赤城氏は,あれほど世論の攻撃に晒されても辞めることを許さなかった安倍首相が,選挙で負けた原因が赤城氏にもあり,次は替えると言ったことに立腹して,または嫌気がさして,安倍首相の意向を会って確認した上で辞表を叩きつけたのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« メディアのネガティブキャンペーンが与党の敗因なのか? | トップページ | ジュゴンの絶滅危惧種指定は何を意味しているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15987165

この記事へのトラックバック一覧です: 赤城徳彦農相は本当に「更迭」されたのか?:

« メディアのネガティブキャンペーンが与党の敗因なのか? | トップページ | ジュゴンの絶滅危惧種指定は何を意味しているのか? »