« 参院選の選挙活動で自民党は国民をバカにし過ぎたのか? | トップページ | メディアのネガティブキャンペーンが与党の敗因なのか? »

2007年8月 1日 (水)

内閣総理大臣はそんなにエライのか?

安倍首相の続投宣言が物議を醸している。

記者会見などで,なぜか「美しい国」と言わず「新しい国」といい,それを造っていくのが自分の使命だと言って憚らない。
「社保庁職員の怠慢や閣僚の不祥事くらいで自民党以外に票を投じるようなことをしない国」を造っていくということだろうか。

幼い子供に「総理大臣って何?」と聞かれると「日本で一番エライ人」と答える人が多いだろう。
安倍首相は,幼児のようにそれを真に受けてか,自身を「権力の頂点にいる」と言う。
首相の座にいる限りは,何でも好きにやって良いと思っており,一日でも長く居座って,ひとつでも多く自分がやりたいことをやってしまいたいと考えているかのような,選挙後の言動である。

確かに,国政の実務上の最高意思決定権を持つ者ではあるが,大前提として,主権者たる国民の付託を受けていることを忘れているのではないだろうか。

現在の国民の意向に反するような新しい国を自分勝手に作れるのは独裁者であり,民主主義国家においては最高指導者であっても当然そこまで「エライ」わけではないのに,安倍首相は,確信犯なのかそれとも自暴自棄になっているのかよくわからないが,そこを勘違いしているのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 参院選の選挙活動で自民党は国民をバカにし過ぎたのか? | トップページ | メディアのネガティブキャンペーンが与党の敗因なのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/15966347

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣総理大臣はそんなにエライのか?:

« 参院選の選挙活動で自民党は国民をバカにし過ぎたのか? | トップページ | メディアのネガティブキャンペーンが与党の敗因なのか? »