« [番外]税金泥棒と言われても首相臨時代理を置かない自民党 | トップページ | 『WE法』を『家庭だんらん法』と呼ぶことで国民を騙せるのか? »

2007年9月21日 (金)

光市・母子殺害事件犯人の死刑を望む資格があるのは誰か?

光市・母子殺害事件の裁判で,被害者本村弥生さんの夫である洋さんの意見陳述が行われた。
改めて死刑を望むものであり,被害者の感情としては理解できるものである。

世論も遺族に同情的のようである。
しかし,第三者がこの犯人に対して軽々に死刑判決を望むことには疑問を感じる。

自分は今のところ,ゆるやかな死刑反対論者である。
すぐにとは言わないが,徐々に死刑は廃止に向かうべきだと思っている。
いろいろ理由はあるが,ひとつは,「死刑を執行する職務」を必要とすることである。そのような職務に自分は絶対に就きたくない。誰もが誇りや充実感を持って仕事をできるような社会であるべきだと思うので,死刑執行など誰もやらなくて良いような社会であって欲しいと思う。

死刑に賛成する人は,それを執行する人が必要であることを考慮するべきだと思う。

自身と無関係の事件の犯人に死刑を望むなら,目の前にその犯人を連れてこられて,「おまえの手で殺せ」と言われて実行できるだけの覚悟を持つべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« [番外]税金泥棒と言われても首相臨時代理を置かない自民党 | トップページ | 『WE法』を『家庭だんらん法』と呼ぶことで国民を騙せるのか? »

コメント

有名な話があります。
強力な死刑反対を唱える弁護士が、実際に、自分の肉親を殺されたとたんに、強力な死刑賛成論者になつた・・・と、いう話しです。
もし、わたしがその立場になり、「目には目を」が許されたら、躊躇なく肉親を殺した犯人を殺すでしょう。
それ以前に、家族が殺されそうになったら、必死でその敵と戦い、殺すことも厭わないでしょう。
それが、家族愛ではないでしょうか ?
逆に、そういう心構えがない主人には、だれもついてこないと思います。
自分を守ってくれない団体に所属したくはないのは、法以前の問題、つまり動物的本能だと思います。

投稿: あらま | 2007年9月21日 (金) 08時13分

あらま さん,こんばんは。
このコメントを拝読する前に,私も似たようなことを少し考えていました。

その話の前に,「家族が目の前で殺されそうになっている」状況と,「家族を殺した犯人が目の前にいる」状況は,私にとっては異なるものです。
前者の場合は,私も家族を守るためなら相手を殺すことも厭わないでしょう。ここでは後者の場合を想定しています。

私が先ほど考えていたのは,本村洋さんの前に犯人を立たせ,「殺したければ殺しても構わない」と公に認められた場合,果たして本村氏はどうするだろうかということです。
本村氏の人となりをよく知っているわけではありませんので,予想はできません。躊躇なく殺すかも知れません。しかし,家族を殺された苦しみを実際に知っている本村氏だからこそ,他人には想像できない境地に至る可能性もあるのではと思います。

では私ならどうするか?
妻ともこの話をしましたが,妻は「殺す」と言いました。しかし私は,実際にその状況に至っていない現在のところでは,殺せないと思っています。
本村氏の場合は家族の殺され方があまりにもひどいので,それと同じ状況に置かれたらと言われれば,気持ちは揺らぎますが。

なお,本文でも書きましたが少し補足すると,死刑を望む本村氏の考えを否定しようとは思いません。
本文で書いたのは,あくまでも第三者としての話です。私は「ゆるやかな」死刑廃止論者ですので,この事件の犯人が死刑になっても,それはそれとして受け止めます。本村氏の気持ちは理解できますし,積極的に死刑以外の判決を望むものでもありません。
私の中で明確に結論の出ていない問題です。

投稿: WontBeLong | 2007年9月21日 (金) 23時40分

>いろいろ理由はあるが,ひとつは,「死刑を執行する職務」を必要とすることである。そのような職務に自分は絶対に就きたくない。誰もが誇りや充実感を持って仕事をできるような社会であるべきだと思うので,死刑執行など誰もやらなくて良いような社会であって欲しいと思う。
「何その俺イズム?」ってのが率直な感想です。
と言うか、「死刑執行人の職務は誇りや充実感を持てる仕事ではない、というのがこの日本に住んでいる1億強の人すべてが持っている共通認識だ」と断言してしまうなど、僕にはとても出来ません。
第一、それがまかり通るなら、この日本で通り魔的な犯行など発生しないはずではありませんか?

>死刑に賛成する人は,それを執行する人が必要であることを考慮するべきだと思う。
死刑執行人を公募するようにすれば良いのではないかと思います。セッティング込みで日当2万ぐらいにすれば、「社会正義という大義名分のもと合法的に殺人が出来ることに魅力を感じる人」や「いっそ強盗でもしてみようかと思うくらいにお金が欲しい人」などは気軽に応募してくれそうです。

・・・ちなみに、個人的には死刑の上の刑罰があったほうが良いと思っています。石打ちやタイヤネックレスなどの公開処刑とか、無期拷問刑とか。
死刑が最高刑罰でなくなれば、今回みたいに死刑が決まりそうになってから自棄気味に無理な答弁を繰りかえりして遺族の心をえぐり続けるような所業も減っていくだろうし、宅間守みたいに「死刑にして欲しいから」などという理由で殺人を犯すような輩への抑止力にもなると思うのですが・・・

投稿: | 2007年9月22日 (土) 06時53分

ごめんなさい。上の書き込みで記名を忘れてしまいました。

投稿: KEI | 2007年9月22日 (土) 06時56分

冤罪が無くせない以上、死刑は廃止した方が良いと思いますよ。

警察や検察の間違いも0にはなりませんし、
裁判所の判断ミスも0にはなりません。

100人に1人、無実の人が死刑にされる社会よりは、
99人を飼い殺しにしておく社会の方が絶対的にマシです。

先進国が死刑廃止、または、その方向に向かうのは、
そこら辺の問題があるからでしょう。


ちなみに、如何なる理由があろうとも、躊躇無く人を殺せる等と言うのは、
理性のある人間としては、威張って言うことではないのではありませんか?

復讐であれば、激情に駆られて人を殺すことが正当化できるのでしょうか?

投稿: とおる | 2007年9月22日 (土) 07時18分

KEI さん,とおる さん,コメントありがとうございます。

多分に個人個人のものの考え方に左右される問題だと思いますので,議論してもなかなか平行線から逃れられないことが多いかと思います。
ですから,ここでのコメントは2,3に留めておこうと思います。

まず,死刑の執行というものが多くの人にとって「やりたくない」仕事であることは,真偽はわかりませんが,執行時には複数の刑務官がボタン(レバー?)を押して誰が直接手を下したかわからないようにしているという話がまことしやかに世で言われていることから,正しいと考えて良いかと思います。ただ,実際に執行を職務としている方々には,他人がやりたくない仕事をあえて行って下さっているという意味で,敬意は持っています。

また,冤罪の問題は,私が死刑廃止に賛成する第一の理由です。とおる さんのご意見には全面的に賛同します。

最初に書いたように,個人の考え方による問題ですから難しい問題ではありますが,ひとつの事実として,先進国の多く,特に文明としての成熟度の高い欧州においてほとんど廃止されていることは,考慮に値するとは思います。

投稿: WontBeLong | 2007年9月22日 (土) 23時22分

>100人に1人、無実の人が死刑にされる社会よりは、
>99人を飼い殺しにしておく社会の方が絶対的にマシです。
 でもそれは結局その無実の人も飼い殺すってことですよね?
しかも司法当局は「俺達の判断が絶対に正しい。もし万が一間違っていたとしても死刑にはしないのだから、釈放して謝れば済む」なんて認識をしかねない。
死刑だろうと懲役だろうと取り返しはつかないと思います。だからこそ、あいまいな証拠は絶対に出さない・あいまいな証拠をもとに判決を出さない、その覚悟を検察・裁判所に持ち続けてもらわなければ冤罪は減りません。死刑廃止はその覚悟を鈍らせるものだと思います。

 僕としては、有罪認定自体は今よりも基準を厳しくして、その上で有罪であるならば罪に応じて厳しい刑罰を課していく司法制度を望んでいます。特に理不尽な犯罪や身勝手な犯罪は今よりはるかに厳しく罰してもらいたい。

>ちなみに、如何なる理由があろうとも、躊躇無く人を殺せる等と言うのは、
>理性のある人間としては、威張って言うことではないのではありませんか?
 いや、理由によるでしょう。そうでなければ軍人や警察と言った職業は成り立ちません。そしてその「殺せなかったこと」がもっと悲惨な状態を引き起こすことでしょう。
・・・まあ、そもそも「威張って言う」必要も無いのですけれど。

>まず,死刑の執行というものが多くの人にとって「やりたくない」仕事であることは,真偽はわかりませんが,執行時には複数の刑務官がボタン(レバー?)を押して誰が直接手を下したかわからないようにしているという話がまことしやかに世で言われていることから,正しいと考えて良いかと思います。
 死刑が刑務官の仕事のオプションになっているのが問題なんだとおもいます。それもあって死刑執行人を公募したらどうか?と提案してみたわけです。

>先進国の多く,特に文明としての成熟度の高い欧州においてほとんど廃止されていることは,考慮に値するとは思います。
 よく聞く話なのですが、いくつかツッコミどころがあります。
1.ヨソの国がやっているからウチも、と言う考えは国家としてどうなの?
2.死刑廃止を導入した結果どうなるのかについてはまだ検証段階なのでは?
3.そもそも文明的に欧州って日本より上なの?ちなみに治安は日本の方が良いですよね?
あと、向こうの警官は立てこもり犯とかを普通に射殺するらしいですね。

投稿: KEI | 2007年9月23日 (日) 08時02分

KEI さん,こんにちは。
前にも書いたとおり,平行線となりがちな議論なのでこの場ではこの辺が限界かと思います。
ただ一つだけ,欧州が日本より「上」とは言いませんが,文明としての歴史は古いので,「時が経つと文明はどのような方向へ向かうか」の実例として参考になると思っています。もちろん,良い例になる場合と悪い例になる場合があると思います。

投稿: WontBeLong | 2007年9月23日 (日) 12時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/16516989

この記事へのトラックバック一覧です: 光市・母子殺害事件犯人の死刑を望む資格があるのは誰か?:

« [番外]税金泥棒と言われても首相臨時代理を置かない自民党 | トップページ | 『WE法』を『家庭だんらん法』と呼ぶことで国民を騙せるのか? »