« 円天...巧妙な犯罪には重い罰を科すべきではないか? | トップページ | [番外]ミャンマー軍政による長井健司氏殺害は明らかに殺人行為です。 »

2007年10月 4日 (木)

ミャンマーで長井氏を殺害した犯人を徹底して捜査するべきではないか?

ミャンマーでデモを取材中に殺害された長井健司氏の遺体が日本に到着した。

司法解剖などが行われ,警視庁は国外犯規定を適用して殺人容疑で捜査するとのことである。

長井氏が銃撃された瞬間を捉えた動画が出回っているが,それを繰り返して見る限り,長井氏を銃撃した兵士は,比較的遠い位置から長井氏を目指して駆け寄って,ためらうことなく背中から至近距離で射撃している。
また,その前に長井氏の目前で兵士が僧侶を引き倒してそれを長井氏が撮影しているようにも見える。

これだけでは詳細は推測できないが,少なくとも「はずみで」撃ってしまったようには見えず,射撃の数秒以上前から兵士には明確に撃つ意志があったように見える。
兵士の一存なのか,現場指揮官の命令なのか,またはもっと高いレベルからの命令なのか不明であるが,殺害を意図した射撃であった可能性は極めて高いと言える。

日本国民の安全を守る警察としては,この犯罪性の高いと思われる事件を,外交的な思惑とは一線を画して徹底的に捜査するべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

なお,今のところ警視庁は厳しい捜査を行う姿勢のようであるので,大いに期待したい。

|

« 円天...巧妙な犯罪には重い罰を科すべきではないか? | トップページ | [番外]ミャンマー軍政による長井健司氏殺害は明らかに殺人行為です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/16662587

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマーで長井氏を殺害した犯人を徹底して捜査するべきではないか?:

« 円天...巧妙な犯罪には重い罰を科すべきではないか? | トップページ | [番外]ミャンマー軍政による長井健司氏殺害は明らかに殺人行為です。 »