« 2005年の選挙で郵政民営化賛成票を入れた人は今でも賛成できるのか? | トップページ | ミャンマーで長井氏を殺害した犯人を徹底して捜査するべきではないか? »

2007年10月 3日 (水)

円天...巧妙な犯罪には重い罰を科すべきではないか?

「円天」商法という,ちょっと考えればおかしいとすぐわかりそうな手口で荒稼ぎしていたL&Gという会社が,出資法違反の疑いで強制捜査を受けた。

同社の会長は,いろいろとこの手の方面に才能があるようである

他人に比べて何らかの優れた能力がなければ,やろうと思ってもこれだけのことはできないであろう。

自分は,他人より優れた能力を持ち合わせた者は,それを社会に貢献するために使わなければならないと考えている。
逆に,自らの利益のためにそのような能力を使う者には強い憤りを感じる。

このような巧妙な犯罪に対しては,拙い犯罪よりも厳しい罰を科すべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 2005年の選挙で郵政民営化賛成票を入れた人は今でも賛成できるのか? | トップページ | ミャンマーで長井氏を殺害した犯人を徹底して捜査するべきではないか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/16653033

この記事へのトラックバック一覧です: 円天...巧妙な犯罪には重い罰を科すべきではないか?:

« 2005年の選挙で郵政民営化賛成票を入れた人は今でも賛成できるのか? | トップページ | ミャンマーで長井氏を殺害した犯人を徹底して捜査するべきではないか? »