« ゲーツ米国防長官は米国は日本に経済支援だけを期待していることを明らかにしたのではないか? | トップページ | 隊員や国民が命を預ける自衛隊の装備品の調達は公正に行われているのか? »

2007年11月15日 (木)

[番外]防衛利権の闇は深そうです。

守屋武昌前防衛事務次官の参議院での証人喚問が話題になっています。

そんな折,たまたま見つけた情報で,防衛利権の闇は深そうだなあと思ったものがあったので紹介します。

組合絡みで,香川県の善通寺市で市長が水道事業を民営化しようとして,労組や住民が反発しているという話を知りました。(例えばこんな情報があります。)

市長は「宮下裕」という人なのですが,どんな人なのかと少し検索してみたら,こんなものがありました。そこから抜粋すると,

善通寺市長 宮下 裕
 プロフィール
  昭和12年1月香川県善通寺市生まれ。
  昭和43年防衛大学校卒業。
  航空自衛隊、防衛庁航空幕僚監部、西部航空方面隊司令官、
  統合幕僚会議事務局長、航空総司令官を歴任
  平成5年10月に退官後、伊藤忠商事株式会社本社勤務を経て、
  平成6年 5月から善通寺市長に就任(現在2期目)。

「伊藤忠 航空自衛隊」でググるといろいろ出ますが,こんなのもありました。
随意契約をたくさん取っていますが,5億の契約もあります。航空自衛隊は,伊藤忠の上得意ですね。

そんな会社に天下って,ほんの数ヶ月で退職しています。退職金はいくらだったのでしょうか。
上得意の空自に顔の利く元総隊司令官にならいくら払っても損はないでしょうね。

ちなみに善通寺市は,人口わずか3.5万人で,そのうち約4000人が自衛隊員だそうです。元航空総隊司令官が選挙で負けるわけはないでしょう。
市の労組と対立しているようですが,部下に「死ね」と命令できる地位にあった人にとって,労組の言い分なんて聞いていられないものなんでしょうね。

|

« ゲーツ米国防長官は米国は日本に経済支援だけを期待していることを明らかにしたのではないか? | トップページ | 隊員や国民が命を預ける自衛隊の装備品の調達は公正に行われているのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/17084758

この記事へのトラックバック一覧です: [番外]防衛利権の闇は深そうです。:

» 結局はお偉方の利権絡みか [とある攘夷論者の雑感]
来年度概算要求・ヘリコプター1機に216億円 兵器というものは、開発費や設備投資、製造などにどうしてもお金がかかるもので、これが高性能な最新鋭の兵器であれば、新素材や新技術やハイテク機器の導入などでさらに高額にな... [続きを読む]

受信: 2007年11月30日 (金) 16時02分

« ゲーツ米国防長官は米国は日本に経済支援だけを期待していることを明らかにしたのではないか? | トップページ | 隊員や国民が命を預ける自衛隊の装備品の調達は公正に行われているのか? »