« 守屋氏逮捕-それほどまでに防衛利権の闇は深いのか? | トップページ | [番外]倫理啓発ビデオに見る防衛省の常識 »

2007年11月29日 (木)

防衛利権問題は結局このままウヤムヤにされてしまうのか?

今日になって共産党が「証人喚問を多数決で決めたのは間違いだった」と,額賀氏の証人喚問に消極的な姿勢を示し始めた。
民主党にも慎重論があるようである。
守屋氏の逮捕で勝算がなくなったのであろうか。それとも,防衛利権というパンドラの箱の中を垣間見て,開けるのがためらわれたのであろうか。

いずれにせよ,一部の役人だけに責任が押しつけられて,防衛利権の全体像はこのまま,また闇の中に隠されてしまうのであろうか。

この箱を開けた後に,どのような混乱があるのかわからない。真に国益のためを考えても,やはり開けるべきではないとの判断もあるのかも知れない。

しかし,一国民としては,やはり真相を知りたいという気持ちを抑えきれない。

防衛利権問題にはいろいろな側面があるのかも知れないが,その一面が,国民の税金が米国や国内の軍需産業に大量に流れてその一部が官僚や政治家に還元されているというものであることは間違いないだろう。
他の側面のために,その一面には目をつむる方が当面は国のためになるのかも知れないが,例えそうだとしても,わが国が成熟した国家へと脱皮するための,これこそが「改革のための痛み」の一つではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 守屋氏逮捕-それほどまでに防衛利権の闇は深いのか? | トップページ | [番外]倫理啓発ビデオに見る防衛省の常識 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/17227197

この記事へのトラックバック一覧です: 防衛利権問題は結局このままウヤムヤにされてしまうのか?:

« 守屋氏逮捕-それほどまでに防衛利権の闇は深いのか? | トップページ | [番外]倫理啓発ビデオに見る防衛省の常識 »