« 「ゆとり教育は悪」なのか?(その5) | トップページ | [番外]小沢氏にはあくまでも政権交代のために働いて頂きたい。 »

2007年11月 4日 (日)

小沢氏は辞任のタイミングを計っていたのか?

小沢一郎氏が,民主党代表を辞任したいと表明した。
誰もがその意図を計りかねているようである。自分もよくはわからないが,小沢氏の辞任表明を聞いていてぼんやりと以下のように感じた。

福田首相から,連立を持ちかけられたという。小沢氏本人は否定しているが,一部には,実は小沢氏から持ちかけたとの話も出ている。
小沢氏は連立を是とする前提で党に持ち帰り,役員に完全に否定され,それが元で辞任するとのことである。

自分は,ここで前にも書いたが,連立には反対であった。
しかし,辞任表明会見での小沢氏の話を聞いていて,何となく連立を選択しようとした小沢氏の気持ちもわかる気がしてきた。

マスコミなどでは,近々衆院選を行うと民主党が有利との見方が多い。参院選での圧勝を受けての判断であろう。しかし,残念ながら世論はそこまで賢明ではないように思う。参院選での勝因には,やはり年金・社保庁問題や,大臣の数々の失態の占める割合が大きいだろう。
世論には,民主党に対する政権担当能力不足への懸念が大きいだろう。
このまま,民主党を利するようなわかりやすいスキャンダラスなことがないままに衆院選を迎えれば,老練な福田首相に率いられて無難に過ごす自民党にまた票が戻ってしまう可能性は大きい。
ここで民主党に勝たせれば政権交代,という場面で民主党を勝たせるほど,世論は思い切った動きはできないのではないだろうか。

連立を組んで,閣僚ポストをいくつか手に入れることで政権担当能力を示し,それから単独政権を取るべく衆院選に臨むことで,「民主党にやらせてみようか」という票を集められると小沢氏が読んだのであれば,それはひとつの選択肢としてあり得るのではないかと,今は思う。
「大連立は大政翼賛的」と考えるのも,世論では少数ではないだろうか。一般国民には,わかりやすい形で政権担当能力を示す方が効果が大きいだろう。

しかし,それだけであれば,それを役員に拒否されたからと言って辞任することはないであろう。

自分は,政権交代を掲げて小沢氏が民主党代表になったとき,そうは言いながら政権交代を達成したとしても小沢自身は首相になるつもりはないだろうと思っていた。道筋をつければ自身は身を引き,管氏あたりに首相をさせるつもりだろうと思っていた。

参院選に勝利し,政権交代の実現は大きく近づいてきたと言える。連立が政権交代への近道と判断はしたものの,他の幹部に否定されて実現不能となった以上,このまま一度連立になびいた小沢氏が代表を務めるよりは,あくまで単独で政権を奪取する姿勢を貫くことを国民に示すために交替した方が得策であり,予定より少し早いが今が身の引き時と判断したのではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 「ゆとり教育は悪」なのか?(その5) | トップページ | [番外]小沢氏にはあくまでも政権交代のために働いて頂きたい。 »

コメント

最初から民主党は、旧社会党、旧民社党、そして旧自民党など、55体制崩れの烏合の衆・・・と言った感じの政党で、まとまりのない事は、小沢さんは承知していたはず。代表であった自分の下で挙党一致を目指すこと自体に無理があったと思います。
自民党が、そんな民主党の切り崩しを謀ったとするならば、大多数でしか機能しない自民党が考えてもおかしくないと思います。
しかし、小生が望む立法府の姿は、二大政党で、‘妥協点’を探る英米タイプの議会像です。
そうすることによって、会議が活性化して、無駄な予算や累積赤字を組むようなことはないと考えております。
多数派工作は、旧体制維持で、戦後体制に逆行するものだと思います。

投稿: あらま | 2007年11月 5日 (月) 05時11分

あらま さん,こんばんは。
「二大政党」が良いか「多党」が良いかは別にしても,私も議会はもっと緊張感のあるものにして欲しいと思います。
多数派工作に関しては,仰るとおりだと思いますが,小沢氏はそれを逆手に取るギャンブルに出ようとしたのかなと思います。

投稿: WontBeLong | 2007年11月 5日 (月) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/16976782

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢氏は辞任のタイミングを計っていたのか?:

» 小沢党首の突然の辞任劇 [さぁ みんなで語り合おう]
「まさか」という坂 雑誌、『諸君 ! 』 12月号は、「自民党、大炎上』でしたが [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 04時57分

» 結局は「総理大臣になりたくない」小沢一郎? [ちょっと一言]
 昨日の午後、小沢民主党代表が辞意を表明した。 全く政界は一寸先は闇だ。  小沢一郎氏の現在そして近い将来の役回りはそう遠くない時期に明らか [続きを読む]

受信: 2007年11月 5日 (月) 11時54分

« 「ゆとり教育は悪」なのか?(その5) | トップページ | [番外]小沢氏にはあくまでも政権交代のために働いて頂きたい。 »