« 鳩山邦夫氏は法相として不適格ではないか? | トップページ | 公共のためのカネを取りやすいところはもっと他にあるのではないか? »

2008年4月21日 (月)

スポーツと政治は分離できるのか?

北京オリンピックの聖火リレーがいろいろと物議を醸している。

オリンピックには程遠いが,自分も若い頃にスポーツに打ち込んだ身なので,政治的な情勢とは切り離してオリンピックで力を発揮したい選手の気持ちも理解はできる。

しかし,チベット問題を含めて明らかにオリンピックを政治利用しようとしている中国に対して,無批判にオリンピックに参加することは,政治利用されることを承知の上での行為なので,それ自体が政治的な行為であるとも言える。

スポーツの政治からの独立を守るためには,政治に対して無関心あるいは無関与というわけにはいかないのではないだろうか。

スポーツを政治から分離させ,後生まで聖なるものとして引き継ぐためにこそ,参加選手達も何らかの行動を起こすべきではないかと思うのだが,どうだろうか。

|

« 鳩山邦夫氏は法相として不適格ではないか? | トップページ | 公共のためのカネを取りやすいところはもっと他にあるのではないか? »

コメント

オリンピックに出場する事が、選手達の純粋なスポーツ愛に根ざす物でない現在では、選手個人のボイコットや意思表明を求めるのは難しいでしょうね。

投稿: 仮)山田二郎 | 2008年4月22日 (火) 17時58分

仮)山田二郎 さん,こんばんは。
スポーツをやっていた者としては,オリンピックに出られるほど,その道を究める人達は,純粋にスポーツを愛する心を持っていると信じたいものです。
競技参加ボイコットはさすがに問題が多すぎると思いますが,まったく素知らぬ顔ではあって欲しくないと思います。

投稿: WontBeLong | 2008年4月22日 (火) 22時51分

お邪魔します。
確かに、「参加することに意義がある」オリンピックですから、選手側からすればボイコットは痛いでしょうね。
しかも、四年に一回ですから、競技によっては選手生命にも関係します。
ですから、スポーツと政治とを切り離したい気持ちはよく分かりますが、実際に社会生活をしていますと、スポーツと政治とは密接な関係がありますね。
むしろ、それが関係しないことなんてありえないと思いますよ。
だいたい、古代オリンピックは、代理戦争のために発明されたものだと言われております。
つまり、大勢で戦争して、健康な男子が犠牲を払うよりも、代表が一人づつ出て、格闘させたり、競技をさせて、戦争の勝ち負けを決めようと言うものでした。
しかし、ケンカの延長に、そんな紳士協定が長続きするはずがなく、すぐに御破産になりました。
そんなわけで、競技とは、政治とか賭け事のためにするためのものですから、それを純粋に分けて考えると言うことは夢物語だと思います。
ましてや、いままでボイコットをしたり、東京オリンピック開期中に核実験をしてきた中国が、「政治とスポーツを切り離そう」なんて、よく言えたものだと思います。
とにかく、今回のオリンピックに参加をするということは、中国の政治的意図に加担すると言うことには間違いないですね。

投稿: あらま | 2008年4月23日 (水) 12時55分

あらま さん,こんばんは。
自分が書いたことと矛盾するようですが,歴史はどうあれ,現在のスポーツ選手当人たちは,精神的には政治とは無関係な世界で励んでいるでしょうから,政治の世界に引き込むのは酷だと思います。
ですから,競技そのもののボイコットは難しいと思いますが,それでも何かできることはあるのではないかと思います。後の世代に夢を引き継ぐために。

投稿: WontBeLong | 2008年4月24日 (木) 01時25分

再度、お邪魔します。
‘その日’のために、日夜努力している選手にボイコット勧告は、確かに酷かも知れませんね。
例えば、昔、アメリカの黒人選手が人種差別に反対した時のように、表彰式のときにアピールするとか、何かしら意思表示する方法があると思います。
しかし、中国と言う国の中でそんなことをすれば、選手の身の安全が保障されないでしょうね。
それから、これとは関係ないですが、元オリンピック選手が政界に進出して、議員さんとか大臣になっています。
そういう意味でも、政治にスポーツが利用されていると思います。

投稿: あらま | 2008年4月24日 (木) 03時02分

あらま さん,こんばんは。
身の安全を考えると,難しいですね。
ほとんどがアマチュア選手ですから,元オリンピック選手でもない自分のような者が,あまりあれこれ言うのも身勝手ですし。
でも,現役を引退した選手が政界に入ることは良いことだと思います。
後進のために,また,国民の夢のために,彼らにしか出来ないことがあると思います。

投稿: WontBeLong | 2008年4月27日 (日) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/40951743

この記事へのトラックバック一覧です: スポーツと政治は分離できるのか?:

« 鳩山邦夫氏は法相として不適格ではないか? | トップページ | 公共のためのカネを取りやすいところはもっと他にあるのではないか? »