« 公共のためのカネを取りやすいところはもっと他にあるのではないか? | トップページ | 与党に沖縄県有権者を批判する資格はないのではないか? »

2008年5月19日 (月)

[番外]ミャンマーのサイクロン被害も忘れないで下さい。

情報が多いせいか,中国の地震ばかりが報道されていますが,ミャンマーのサイクロン被害の方も忘れないで頂きたいと思います。
国連の推計では死者6~10万人と,被災者数では中国の地震を上回る規模です。規模の問題ではありませんが。
中国では被災範囲が広すぎて情報が得られないところがありますが,ミャンマーでは軍政が情報を人為的に情報を押さえており,日本政府などの働きかけにより被害規模を縮小できる余地は,中国より大きいとも言えます。
外交的には,日緬関係より日中関係の方が重要かも知れませんが,同じアジアの隣人であり,親日的な人達であり,これまで軍政を支援してきてそのことが完全に国民のためになっているとはいえない面がありますから,日本は,ミャンマー軍政ではなくミャンマー国民のために力を尽くす義務があると思います。

日本赤十字ではミャンマーへの救援金を募集しています。
http://www.jrc.or.jp/sanka/help/news/1380.html

|

« 公共のためのカネを取りやすいところはもっと他にあるのではないか? | トップページ | 与党に沖縄県有権者を批判する資格はないのではないか? »

コメント

まあ、マスコミにしてみれば、オリンピック利権の絡む中国と違って、ミャンマーに関しては報道しても視聴率にも貢献せんでしょうから、積極的には報道できないでしょうね。

投稿: 仮)山田二郎 | 2008年5月20日 (火) 21時36分

仮)山田二郎 さん,こんばんは。
地震の方が日本人には身近でしょうし,外国人を入れないのでは,放送する映像もないですからね。
しかし,もっと国民の関心を呼び起こすような報道をしてもらいたいものです。無い物ねだりかとは思いますが。

投稿: WontBeLong | 2008年5月20日 (火) 23時36分

今度のサイクロンは、ミャンマーの軍事政権にとっては「好機」なんでしょうね。
ドサクサにまぎれて、選挙をして軍事政権をさらに固いものにしました。
さらに、義捐金とか支援物資が世界から無料で送られてくるので軍事政権は潤うばかりです。
そうしたカネやモノの流れが支援国に報道されては困りますから、人的支援やマスコミを拒否しています。
ミャンマーの国民の困難は、いつまで続くのでしょうか ?

投稿: あらま | 2008年5月23日 (金) 11時51分

あらま さん,こんばんは。
コメントが遅くなりました。
http://wont-be-long.cocolog-nifty.com/blog/2006/02/post_31bd.html
で以前に書いたように,日本は,その気になればかなり軍政に圧力をかける力を持っているのではないかと思います。
そのためには,国民がもっとミャンマーに興味を持って,政府に圧力をかけることが必要でしょう。

投稿: WontBeLong | 2008年5月26日 (月) 22時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147281/41261353

この記事へのトラックバック一覧です: [番外]ミャンマーのサイクロン被害も忘れないで下さい。:

« 公共のためのカネを取りやすいところはもっと他にあるのではないか? | トップページ | 与党に沖縄県有権者を批判する資格はないのではないか? »